映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

風に濡れた女

風に濡れた女

カゼニヌレタオンナ

解説

製作開始から45周年を迎えたロマンポルノのリブート・プロジェクトの1作。リアカーを引く“無欲な男“と自転車に乗った“貪欲な女“が繰り広げる奇妙な駆け引きを、塩田明彦監督が俳優たちの躍動感あふれる肉体を通して映像化。『甘い鞭』での体当たりの演技が評判になった若手女優、間宮夕貴が、予測不可能な言動を連発するヒロインを演じる。

ストーリー

過去から逃れるように都会の喧噪を避け、山に建てた小屋に住んでいる高介。そんな彼の前に自ら自転車で海に突っ込み、濡れた肢体を惜しげもなくさらす若い女、汐里が現れる。野性的な生命力に満ち溢れた汐里の破天荒な行動は、高介を容赦なく翻弄していく。

2016年12月17日(土)公開[R-18] / 上映時間:78分 / 製作:2016年(日本) / 配給:日活

(C)2016日活

(C) PIA

風に濡れた女のニュース

映画ナタリーをフォロー