映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

スコセッシ、浅野忠信、小松菜奈らが東京に集結、窪塚洋介は「役者人生の最良の日」

394

「沈黙-サイレンス-」ジャパンプレミアの様子。

「沈黙-サイレンス-」ジャパンプレミアの様子。

本日1月17日、「沈黙-サイレンス-」のジャパンプレミアが東京・TOHOシネマズ 六本木ヒルズで行われ、監督のマーティン・スコセッシ窪塚洋介ら日本人キャスト6名が出席した。

劇場の前に敷かれたレッドカーペットには、スコセッシと窪塚、浅野忠信イッセー尾形塚本晋也小松菜奈加瀬亮が登場した。そのあと行われた舞台挨拶で、スコセッシは「東京でみんなと再会できて感慨深いです! 2年ほど編集をしていたので、ずっとお付き合いをしてきたような感覚です。私の周りからも、日本人キャストの方々の演技についてたくさん聞くので、皆さんはもうおなじみの顔になっています」とにっこり。そして日本人キャストたちについてコメントを求められたスコセッシは、はにかみながら「素晴らしい芝居を見せてくれました。皆さんは力やがんばり、深みを見せてくれたと心の底から思います」と語った。

キチジロー役の窪塚は「マーティン・スコセッシ監督、どんだけ日本に来てくれるんですか! スコセッシ監督が、日本や遠藤周作さんの思いにどれだけの敬意を払ってくれているか。この俺に毎日どれだけ敬意を払ってくれたか。あふれるほどの敬意を感じて、毎日夢の中で仕事をしているみたいでした。どれだけ正座をさせられて古傷が痛もうが、そんなものは幸せの一部だろうと思うくらいの時間を過ごさせてもらいました」と感慨深げに話す。また窪塚が「今日この場所が、僕の役者人生の最良の日です」と力強く述べると、スコセッシは「ありがとう!」と笑顔で窪塚の肩に触れた。

通辞役の浅野は「難しい役でしたが、スコセッシ監督は僕らの繊細な動きや表現をちゃんと見てくれてアドバイスをくれました。監督の優しさや一緒にものを作ってくれる姿勢にはたくさん学ぶものがありました」と、井上筑後守役のイッセーは「(撮影に入るまでに)十分に時間があったので毎日家で井上を育てていました。根は優しい子のように育てました」とそれぞれコメント。敬虔なクリスチャンであるモキチ役の塚本は「僕は宗教を持っていないので自分の中で“スコセッシ教”を作って、スコセッシ監督のためならすべてを捧げるという姿勢でやりました。スコセッシ教に加えて、未来の子供たちのことを祈るような気持ちで純粋に演じることができました。長く語り継がれる映画に関われて幸せです」としみじみと口にする。

撮影時は19歳だったというモニカ役の小松は、アンドリュー・ガーフィールドとの共演を「なかなかお話はできませんでしたが、最後にアップするときはハグをしてくださいました」と振り返る。ジュアン役の加瀬は「監督や共演者の名前を聞いたときにワクワクして、どうしても参加したいなと思いました。僕は宗教を持っていないので信仰にあたるものを自分で探しながらジュアンを演じていました」と役作りの裏側を明かした。

舞台挨拶の終盤に、スコセッシは「今回ほど、体力的にも精神的にもチャレンジングだった作品はありません。私はぜんそく持ちのニューヨーカー。自然の中に入ると何かとアレルギーが起こるんです」と前置きして、「でも皆さんと山の中に足を踏み入れていった瞬間、非常に喜びを感じました。これまでの自然と戯れなかった日々を後悔したほど。皆さんはこの作品の礎になってくれました」と日本人キャストを賞賛した。

「沈黙-サイレンス-」は、キリシタン弾圧が激化する17世紀の日本を舞台にしたヒューマンドラマ。師と仰ぐ神父フェレイラを探しに長崎を訪れた宣教師ロドリゴとガルペの苦難を描く。1月21日より全国でロードショー。

※記事初出時より、写真を4点追加しました。

(c)2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

映画ナタリーをフォロー