「聖の青春」松山&東出、羽生善治からの初段免状に「舞い上がっております!」

242

聖の青春」の初日舞台挨拶が、本日11月19日に東京・丸の内ピカデリーにて行われ、キャストの松山ケンイチ東出昌大リリー・フランキー柄本時生、監督の森義隆が登壇した。

「聖の青春」初日舞台挨拶にて、左から森義隆、リリー・フランキー、羽生善治、松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生。

「聖の青春」初日舞台挨拶にて、左から森義隆、リリー・フランキー、羽生善治、松山ケンイチ、東出昌大、柄本時生。

大きなサイズで見る(全27件)

松山ケンイチ

松山ケンイチ[拡大]

大崎善生の同名ノンフィクション小説を原作とした「聖の青春」は、難病を患い名人への夢半ばで早逝した実在の棋士・村山聖の人生を描いたヒューマンドラマ。村山を演じた松山は、本日の雨模様について「空の上にいる村山さんのひねくれが出たなと。僕が村山さんの立場でも雨を降らすかなって(笑)」と役への愛情を交えて話し、「映画とは観客の皆さんとの対局。観た人の中に何か生まれたらうれしいです」と挨拶する。

増量していた頃の松山ケンイチ(右)の体型を懐かしがるリリー・フランキー(左)。

増量していた頃の松山ケンイチ(右)の体型を懐かしがるリリー・フランキー(左)。[拡大]

「聖の青春」より、松山ケンイチ扮する村山聖。

「聖の青春」より、松山ケンイチ扮する村山聖。[拡大]

村山を演じるにあたり、大幅な増量に挑んだ松山。会うのが撮影以来というリリーから「本当に痩せたよね。コロコロしてたときのほうが好きだよ」と残念がられ、松山は「よく言われるんですよ、嫁にもそう言われます」と笑う。公開前のプロモーションでは松山の肉体改造が話題となった本作だが、村山の師匠・森信雄を演じたリリーは、松山の精神面での役作りも絶賛。劇中の「(森に)教わったことはお酒と麻雀しかない」という村山のセリフを挙げ、リリーは「麻雀するシーンはないんだけど、松山くんが『役としての記憶を作りたいから、一緒に麻雀をしておきたい』と。それで麻雀をするために、この映画と全然関係ない新井浩文とピエール瀧が動いてくれたんです」と明かす。新井の自宅で麻雀をしたと松山が補足すると、リリーは「最後のテロップに『協力』って名前入れてもいいくらい!」と2人に感謝した。

東出昌大

東出昌大[拡大]

「聖の青春」初日舞台挨拶にて、ゲストの羽生善治。

「聖の青春」初日舞台挨拶にて、ゲストの羽生善治。[拡大]

さらに役作りについて、村山の棋士仲間を演じた柄本は「左利きだから右手でも指せるように練習しました」と苦労を述べ、村山のライバル・羽生善治に扮した東出は「モノマネであってはいけない。監督からは『芝居をするな』『精神性を勉強してこい』と言われました」と振り返る。ここで、ゲストとして会場に駆け付けた羽生が壇上へ。生前の村山と交流のあった羽生は「作品を通じて村山さんの姿を見ることができてうれしかったです」と述べ、「でも自分が出てくるのはちょっと気恥ずかしい部分もありました。普通だと亡くなってからっていうケースが多いので……。生きてるうちに作品に出れたのは幸運かなと思います(笑)」と感想を伝える。

羽生善治(左)から初段免状を授与された松山ケンイチ(右)。

羽生善治(左)から初段免状を授与された松山ケンイチ(右)。[拡大]

イベント終盤では松山と東出に、羽生から初段の免状が手渡された。松山は「将棋という美しい世界で、美しい生き方をされている棋士の方からいただけて光栄です。『“生き方”をもうちょっとがんばれ』と、自分への戒めとしていただけたのかな?と思います」と真摯に語り、東出も「実力的にはまだ級位者なので、今後とも鍛錬していきたいです。でも今はすっかり舞い上がっております!」と喜びの気持ちをあらわにした。

この記事の画像(全27件)

関連記事

松山ケンイチのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「聖の青春」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 聖の青春 / 松山ケンイチ / 東出昌大 / リリー・フランキー / 柄本時生 / 森義隆 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。