「聖の青春」松山ケンイチ、羽生善治に会った東出昌大をうらやましがる

756

聖の青春」の完成披露試写会が本日10月5日、東京・丸の内ピカデリーにて行われ、松山ケンイチ東出昌大竹下景子安田顕、監督の森義隆が登壇した。

「聖の青春」完成披露試写会の様子。左から森義隆、竹下景子、松山ケンイチ、東出昌大、安田顕。

「聖の青春」完成披露試写会の様子。左から森義隆、竹下景子、松山ケンイチ、東出昌大、安田顕。

大きなサイズで見る(全26件)

左から松山ケンイチ、東出昌大、安田顕。

左から松山ケンイチ、東出昌大、安田顕。[拡大]

本作は、大崎善生の同名ノンフィクション小説をもとに、難病を患い名人への夢半ばで早逝した実在の棋士・村山聖の人生を描いたヒューマンドラマ。精神面のみならず肉体面からもアプローチして村山役に挑んだ松山は「村山聖という人間の生き方に心揺さぶられたので、そのままお客さんに伝えなければならないと思うとプレッシャーでした。まだ自分の中でこの作品に対する答えが見出せていないけれど、(映画が)公開するまでゆっくり確かめていきたいです」と口にした。

松山ケンイチ(左)の振りに苦笑いする東出昌大(右)。

松山ケンイチ(左)の振りに苦笑いする東出昌大(右)。[拡大]

松山と東出は、劇中の対局シーンと同じく和装で登場。「なぜ僕たち2人だけ和服なのか。その答えは東出くんが知っています」という松山の唐突な振りに、東出はギョッとしつつも「将棋というのは盤と駒を使うだけでなく、日本の伝統美も存在します。なので(和服が)スクリーンに映えて、目にも美しい映画になっているはずです」と丁寧に説明し、松山を大きくうなずかせる。

東出昌大

東出昌大[拡大]

村山とライバル関係にあった羽生善治を演じた東出。撮影前に森とともに羽生に会う機会があったと振り返り、「プロ棋士としての感情論や勝負の世界について話を聞きました。やっぱりすごい人でしたね。なんと言うんでしょう……」と羽生の圧倒的な存在感を表現しようとするも言葉を詰まらせる。ここで松山が「その会、僕呼ばれてない!」と挙手。東出が「監督から『松山くんとは(撮影に)インするまで会わせないし、しゃべらせるつもりない』って言われてたし……」と明かすと、森も「2人はまさにこの映画の中で出会っているんだよ。だからか、今日もちょっと噛み合ってないけど(笑)」となだめる様子を見せる。しかし松山は羽生に会えなかったことが悔しい様子で、「僕は納得してないです!」と声を荒げてみせた。

座右の銘を記した扇子を見せながら、自身のせっかちさに言及する安田顕。

座右の銘を記した扇子を見せながら、自身のせっかちさに言及する安田顕。[拡大]

舞台挨拶では、第74期名人戦七番勝負で羽生に挑戦し、初タイトルを奪取した新名人・佐藤天彦が登壇して将棋ファンの東出を喜ばせる一幕も。また対局の際、棋士が揮毫入りの扇子を使用していることにちなみ、登壇者たちは自身の座右の銘を記した扇子を披露。自身を「せっかち」だと表現する安田は「おだやかに」と書いた扇子を見せ、“歩きスマホ”にイライラしてしまうことがあるとぼやきながら「この作品ぐらい穏やかでいることを心がけたい次第であります」とコメントする。

座右の銘を記した扇子を見せる松山ケンイチ。

座右の銘を記した扇子を見せる松山ケンイチ。[拡大]

最後に松山は「好きに勝るものなし」という言葉を見せながら、「原作を読んだとき、聖の生き方が好きになって、この人のためならすべて捨てられるという思いになった。決して楽なものではなかったですが、好きって気持ちは全部越えちゃいますね。今、自分のど真ん中にある言葉です」と、役に込めた強い思いを語った。

「聖の青春」は、11月19日より全国でロードショー。

この記事の画像(全26件)

関連記事

松山ケンイチのほかの記事

リンク

関連商品

(c)2016「聖の青春」製作委員会

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 聖の青春 / 松山ケンイチ / 東出昌大 / 竹下景子 / 安田顕 / 北見敏之 / 森義隆 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。