映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

柳楽優弥「セリフない」発言に菅田将暉ら爆笑「ディストラクション・ベイビーズ」初日

2113

「ディストラクション・ベイビーズ」初日舞台挨拶の様子。左から真利子哲也、小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉、村上虹郎。

「ディストラクション・ベイビーズ」初日舞台挨拶の様子。左から真利子哲也、小松菜奈、柳楽優弥、菅田将暉、村上虹郎。

本日5月21日、「ディストラクション・ベイビーズ」の初日舞台挨拶が行われ、キャストの柳楽優弥菅田将暉小松菜奈村上虹郎、監督の真利子哲也が登壇した。

「桐島、部活やめるってよ」の喜安浩平と真利子が脚本を手がけた本作は、通行人に無差別な暴力を振るうなど“危険な遊び”に興じる青年2人を軸にした群像劇。最初にマイクを握った柳楽が「この魅力あふれるキャスト、スタッフの方たちと1つの映画をしっかりと作り上げられたことに、主演として感動しています」と挨拶すると、会場からは割れんばかりの拍手が起こる。

脚本を読んだときの印象を聞かれた柳楽は「なんで喧嘩しているのかとか全然わからなくて、好奇心と興味が湧いた」とコメント。撮影現場について「刺激的でした」と述べ、ポスターの傷だらけの自身の顔を指差し「こんな顔で歩いていたので、(ロケ地の)街の人に絡まれないか心配でした」と振り返る。一方、菅田は「この撮影の直前に僕さだまさしさん役をやっていて、このあと総理大臣だったんですよ」と自身が演じた役の振れ幅に触れたあと、「全部出し切りたいなと思って、出し切りました!」と本作への思いを語った。

「撮影中、菅田さんが嫌いでした」とぶっちゃけた小松は「ただただ暴力を振るわれて……(菅田が演じた)裕也ももちろんなんですけど、菅田さんも……」と続ける。その言葉に爆笑する菅田は「俺もすごい蹴られましたよ」と返答した後、「一切気を遣わせない感じがあった」と小松を賞賛。小松は「いい意味で遠慮しないで全力でやれたのでよかったです」と撮影時を述懐した。

劇中で使用する伊予弁が難しかったという村上は「親が関西人で関西弁はしゃべれるんですけど、やっぱり全然違って」とコメントする。大阪出身の菅田が同意し「ここだけ関西弁で話そうか」と村上の肩を抱くと、柳楽は小松に視線を向け「じゃあこっちどうしようか」と応戦。「伊予弁にしてください」という村上の提案に、柳楽が「俺(劇中で)全然しゃべってないんだわ」と答えると、会場は爆笑の渦に包まれた。

本作での演技が高く評価されている柳楽。MCから公式サイトに掲載されている山田孝之の賞賛コメントが読み上げられると柳楽は「コメントをもらって孝之さんに『ありがとうございます』とメールしたら、『(勇者)ヨシヒコ出ない?』って返ってきました」と裏話を明かす。

真利子は「ここに並んでいるキャストの方をはじめ、自分がご一緒したいと思っていた人と、自分のやりたい題材ができ本当にうれしいです。いち映画ファンとしても観るべき映画ができたと思っています」と現在の心境を告白。最後に柳楽が「本当に多くの方に観ていただきたいです。今日は来ていただいてありがとうございました」と力強く語り、自身の思いを観客に届けた。

(c)2016「ディストラクション・ベイビーズ」製作委員会

映画ナタリーをフォロー