映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

染谷将太の日プロ大賞受賞を前田敦子が祝福、「染谷くんはピカイチ」

567

第25回日本映画プロフェッショナル大賞の授賞式の様子。左から廣木隆一、前田敦子、染谷将太、石井岳龍。

第25回日本映画プロフェッショナル大賞の授賞式の様子。左から廣木隆一、前田敦子、染谷将太、石井岳龍。

第25回日本映画プロフェッショナル大賞の授賞式が5月3日、東京・テアトル新宿にて行われ主演男優賞に輝いた染谷将太が登壇した。

さよなら歌舞伎町」「ソレダケ / that's it」での演技が評価された染谷は「本当にすごくうれしいです」と興奮気味にコメント。続けて「これからも自分にできることを黙々とやっていけたら」と意欲を語る。

舞台にはプレゼンターとして「さよなら歌舞伎町」で共演した前田敦子、監督の廣木隆一、「ソレダケ / that's it」の監督・石井岳龍も登壇。前田が「どの作品を観ても染谷くんはピカイチなので流石だなと。この賞が本当に似合っていると思います」と祝福すると、染谷は照れくさそうに笑い「前田さんは(現場で)本気でぶつかってきてくれて、自分では予測できない面白いことができた」と振り返る。

また染谷は、同じく主演男優賞を獲得し、プライベートでも親交のある川瀬陽太に触れ「『さよなら歌舞伎町』は初め僕ではなく川瀬陽太さんのほうに話があって、川瀬さん経由で『この日程、スケジュール空いてる?』と聞かれました」と裏話を披露。その言葉に「言うなや」と突っ込んでいた川瀬は、自身の受賞の際は「ここに立てたのは、最初に自主映画の世界に引き込んでくれた福居ショウジン監督、育ててくれた瀬々敬久監督、そして『俳優で続けていけ』と言ってくれた今は亡き伊藤猛のお陰です」と心境を明かした。

なお映画ナタリーでは、授賞式の様子を追ってレポートする。

※関連記事はこちらから
大根仁「小松菜奈が一番輝いてた」と日プロ大賞で述懐、多部未華子はMC困らす

映画ナタリーをフォロー