映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

斎藤工はラブシーン検定2級?「無伴奏」初日舞台挨拶に成海璃子、池松壮亮と登壇

429

「無伴奏」初日舞台挨拶の様子。

「無伴奏」初日舞台挨拶の様子。

無伴奏」の初日舞台挨拶が本日3月26日に東京・丸の内TOEIにて開催され、キャストの成海璃子池松壮亮斎藤工遠藤新菜、監督の矢崎仁司が登壇した。

本作は、小池真理子の半自伝的小説を矢崎仁司が実写映画化した青春ラブストーリー。時代に流されるまま学園紛争に参加していた女子高校生が、大学生との恋をきっかけに大人の女性へと成長する過程を描く。

東京・新宿シネマカリテでの舞台挨拶を終えてこのステージに登場したキャストたち。斎藤は、ミニスカート姿の遠藤を指しながら「先ほどの舞台挨拶では、僕は遠藤さんと同じ格好をしていたんですが、今回はマスコミが入るということで着替えてきました」と話し笑いを誘う。

主人公・響子を演じた成海は、「最初にお話をいただいたときは、いろんなものを背負って生きていく役だなと思ったので、そこの覚悟はあったかなと思います」と振り返り、小池が学生時代に描いていたデッサンノートを見せてもらい役作りに生かしたことを明かした。さらに共演した池松については「たくさん助けてもらいました。私はいろんなモードになるので、すごく躁みたいなときもあるし、やめよっかなってときもあって。そういうときはいつも池松くんに話して、頼っていました」と感謝を表す。

そんな池松は、遠藤の衣装が気になる様子。共演者について語っている途中で、そのスカート丈を見て「短いですね……」とぽつり。すると斎藤が「僕も、さっきまでこれの黄色を着てましたから」と重ね、会場で笑いが起こった。

「実年齢と距離があるなと思っていたんですが、キャスティングされた以上堂々と臨もうと思った」と語る斎藤。作品の中で描かれる1969年から1971年という時代に関して、「携帯電話やSNSがないときに、人と人とがどう交流しているか。最後に交わした言葉が自然と重みを持つようなところにヤキモチを焼きました。豊かな時代だったなと」と話す。

斎藤演じる祐之介の恋人エマとして、初の濡れ場に挑んだ遠藤。その演技については「ああいうシーンに関しては、斎藤さんはプロだと思うので。素敵にリードしてくださった」とコメントする。それを受け斎藤は「そうですね、僕のプロフィールに書いてあります。2級を持っているつもりです」とジョークを飛ばした。

イベントの後半には、主題歌を担当するDrop'sのボーカル・中野ミホが登場。彼女たちに書き下ろし主題歌を依頼したという矢崎は「出会ったときに中野さんの声にやられちゃいました」といきさつを明かす。そして中野が主題歌の「どこかへ」を弾き語りで披露すると、矢崎は「感動でちょっと……すみません……」と言いながら目頭を押さえ、会場は感動的な空気に包まれた。

「無伴奏」は本日より東京・新宿シネマカリテほかで全国ロードショー。

(c)2015「無伴奏」製作委員会

映画ナタリーをフォロー