映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

松雪泰子が橋本愛と成海璃子の母親演じる「古都」、川端康成の小説を現代にアレンジ

213

「古都」

「古都」

松雪泰子橋本愛成海璃子が共演する「古都」が、11月26日より京都にて先行公開され、12月3日より全国ロードショーとなることが明らかになった。

中村登、市川崑によって2度映画化された川端康成の同名小説をアレンジした本作は、伝統を守りながら京都で暮らす2人の女性と、その娘たちを軸にするヒューマンドラマ。松雪が1人2役に挑戦し、先祖代々続く呉服店を娘に継がせるべきか葛藤する佐田千重子と、京都のはずれで林業を営む千重子の生き別れた双子の妹・中田苗子を演じる。また橋本が店を継ぐべきか迷っている千重子の娘・舞に、成海が美術を学ぶためパリに留学中の苗子の娘・結衣に扮する。

総額2000万円を超える着物を着用し撮影に臨んだ松雪は「京都での撮影は、実際に室町で呉服屋さんをされてる方の町家をお借りしての撮影で、代々受け継がれる伝統を感じながらの撮影でした」とコメント。また「現代における、京都の現状。伝統を大切に守ることやその重圧、未来に繋いで行く事、そしてそれを担う娘の葛藤。かつての古都の時間軸から、現代にまで繋がりそして未来を紡いでいく物語りです」と作品を説明する。

一方、京都とパリでロケが行われた本作について橋本は「京都もパリもだいっすきな町。文化や芸術が大事に守られていて、どちらの土地にも、静かな自信とパワーを感じました」と、成海は「現地のフランス人スタッフも素晴らしく、良い撮影現場だったと思います」と撮影現場を振り返っている。

アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥの「バベル」にスタッフとして参加し、現在放送中のドラマ「昼のセント酒」の演出を手がけるYuki Saitoがメガホンを取った「古都」。松雪、橋本、成海のほか出演者には蒼あんな、蒼れいな、葉山奨之栗塚旭伊原剛志奥田瑛二がら並ぶ。

松雪泰子 コメント

京都での撮影は、実際に室町で呉服屋さんをされてる方の町家をお借りしての撮影で、代々受け継がれる伝統を感じながらの撮影でした。
ある意味重圧にもなり得るその重みを背負って生きる千重子の生き様を感じる事が出来ました。
パリでの撮影は、凝縮した時間でしたが同じく伝統を大切にするその町並みは、古都というタイトルどおり、何処か京都との繋がりを感じながらの撮影でした。
お稽古は、一カ月間着付けや、裏千家のお茶の稽古、京言葉の稽古、京都の料理屋さんでの稽古など重ねました。やはり、伝統を守る立場でそれを背負っている千重子には、非常に重要な要素でしたので毎日稽古を重ねました。今作は、古都の世界観をベースに千重子、苗子のそれぞれの子供たちとの母と娘、親子の物語り、オリジナルの古都を軸に未来に繋いで行く物語りです。
現代における、京都の現状。伝統を大切に守ることやその重圧、そして未来に繋いで行く事、そしてそれを担う娘の葛藤。かつての古都の時間軸から、現代にまで繋がりそして未来を紡いでいく物語りです。
母と娘そして、家族の想い、映像的にも京都の美しい風景やパリの街並みが美しく描かれ
静かにゆっくりと、物語りが浸透していく、そんな作品です。

橋本愛 コメント

お茶、書道、座禅、日本舞踊と日本の文化や伝統芸能を学ぶことができてとても嬉しかったです。
一部パリロケがあったのですが、京都もパリもだいっすきな町。文化や芸術が大事に守られていて、どちらの土地にも、静かな自信とパワーを感じました。
川端さんの原作は二度映画化されてますが、今回はその先の、今の世代に継いだ新しい物語になりました。取り留めない、さらさら流れる水のような印象で、舞ちゃんを演じている上でも、水の感覚はずっとあって、ふわふわしていました。どんな仕上がりになっているのか、楽しみにしているところです。

成海璃子 コメント

撮影期間は一週間という短い時間でしたが、その分グッと集中して取り組むことができました。
現地のフランス人スタッフも素晴らしく、良い撮影現場だったと思います。

Yuki Saito コメント

古き伝統をいかに次の世代に継承すべきか?季節の移ろいは変わらないのに、人の価値観は時代と共に変わっていきます。しかし、そのDNAレベルに刻まれた精神は揺るぎません。過去に2人の偉大な映画監督によって映画化された川端康成先生の原作をそのまま焼き増しするのではなく、今の時代を生きる自分の視点で、新しい「古都」に挑戦しました。この志しの元に集まった松雪さんはじめ最高のキャスト&クルーにより、日本の伝統・文化・精神を世界へ発信出来れば幸いです。

(c)川端康成記念會/古都プロジェクト

映画ナタリーをフォロー