映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

無伴奏

無伴奏

ムバンソウ

解説

『ストロベリーショートケイクス』の矢崎仁司監督が、直木賞受賞作家、小池真理子の同名小説を映画化。1969年の仙台を舞台に、ひとりの女子高生の成長と切ない恋の行方を描く。成海璃子が少女から大人の女性へと変化していく主人公の響子を熱演。響子が恋する渉役を若手演技派の池松壮亮、渉の友人、祐之介役を出演作が相次ぐ斎藤工が務める。

ストーリー

学生運動が全盛の時代、仙台で暮らす女子高生の響子は情勢に感化され、制服廃止闘争を展開するなどして日々を過ごしていた。そんなある日、彼女は友人に連れられて喫茶店“無伴奏“を訪れる。そこで偶然席が隣り合わせになった渉に響子は強く心惹かれていく。

2016年3月26日(土)公開[R-15] / 上映時間:132分 / 製作:2015年(日本) / 配給:アークエンタテインメント

(C)2015「無伴奏」製作委員会

(C) PIA

無伴奏のニュース

映画ナタリーをフォロー