西島秀俊チームとたけしチームがダルマ落としで死闘、「MOZU」初日舞台挨拶

379

本日11月7日、「劇場版 MOZU」公開初日舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日劇にて行われ、キャストの西島秀俊香川照之伊勢谷友介松坂桃李池松壮亮ビートたけし、監督の羽住英一郎が登壇した。

「劇場版 MOZU」舞台挨拶の様子。左から羽住英一郎、松坂桃李、香川照之、西島秀俊、ビートたけし、伊勢谷友介、池松壮亮。

「劇場版 MOZU」舞台挨拶の様子。左から羽住英一郎、松坂桃李、香川照之、西島秀俊、ビートたけし、伊勢谷友介、池松壮亮。

大きなサイズで見る(全39件)

西島秀俊

西島秀俊

本作は、TBSとWOWOWの共同制作テレビドラマ「MOZU」の劇場版。同時発生した2つのテロ事件を追う警視庁公安部の捜査官・倉木と、日本犯罪史の陰で暗躍してきた謎の存在“ダルマ”との死闘を描く。

ビートたけし

ビートたけし

倉木役の西島は初日を迎えた感慨について「『MOZU』シリーズがこれでようやく完結を迎えるということで、今は感無量です。こんなにたくさんの方に集まっていただいて、震える思いです」と挨拶。たけしは「ハマちゃん役をやらせていただきました西田敏行です」とボケてみせ、「ダルマという役をいただいたんですが、何がなんだかさっぱりで。化け物のような顔にされて火の中に晒されるだけという、非常に役者冥利に尽きる役どころでした」と笑わせる。

ダルマ落としの頭の部分を木槌で飛ばすビートたけし。

ダルマ落としの頭の部分を木槌で飛ばすビートたけし。

話題は撮影中のエピソード披露へ。香川は「フィリピンロケのとき、現地のメイクさんも3~4人いらっしゃったんですけど、この人たちはみんな女性に見える男性なんです。で、この方々がもう、『松坂くん松坂くん(が素敵)』って言うんです。これでフィリピン映画デビューも間違いないなと思いましたね」と語り、松坂は「“バロット”っていう、8割方ひなになってる卵を食べてくれって監督に言われたんですけど、これ、濡れた犬の匂いがするんです」と話した。こうした秘話がどんどん披露されていく中、池松が「大したエピソード持ってないんですよ、どうすればいいですか?」と助けを求めると、伊勢谷が「お前マジか!?」とツッコミ、「声も張ろうか(笑)」とアドバイスし、会場を沸かせた。

片手でコマネチをしつつハンドキャノンを構える登壇者たち。

片手でコマネチをしつつハンドキャノンを構える登壇者たち。

イベント中盤には、西島・香川・池松のMOZUチームと松坂・伊勢谷・たけしのダルマチームに分かれてのMOZU特製ダルマ落としゲームが実施された。このゲームは1人1回木槌を振ってダルマの胴抜きにチャレンジし、最後に残っている胴部分が少ないチームが勝ちになるというもの。MOZUチームが1ポイントリードする中トリを務めたたけしは、ダルマの頭の部分を木槌で弾き飛ばして自らダルマチームを敗北させた。

最後に来場者へのメッセージを求められた西島は、「僕たちが死に物狂いで撮影してきたのは、アクションシーンだけでなく、自分の家族や大切な人を守るという物語です。それを伝えるために、過酷な撮影をしてきました。僕はこの劇場版はシリーズの第1話だと思っています。これがスタートで、ドラマシリーズに続くんです。ドラマを観ていない方に(劇場版を)観ていただきたいし、(劇場版を)観た方には2度3度と劇場に足を運んでほしいです」と語った。

また、「3、2、1、撃て!」の掛け声とともに登壇者全員が銃の形をしたハンディキャノンを撃つ演出も。たけしの持ちネタ“コマネチ”を片手で行いながら登壇者たちが撃ち放った金色のテープが宙を舞う中、イベントは終了した。

この記事の画像・動画(全39件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品