長谷川博己の生“チャオ!”炸裂に西島秀俊も感激、「MOZU」舞台挨拶

479

本日11月18日、「劇場版 MOZU」の大ヒット御礼舞台挨拶が東京・TOHOシネマズ 日劇で行われ、倉木尚武役の西島秀俊と東和夫役の長谷川博己、監督の羽住英一郎が登壇した。

左から西島秀俊、長谷川博己。

左から西島秀俊、長谷川博己。

大きなサイズで見る(全26件)

左から羽住英一郎、西島秀俊、長谷川博己。

左から羽住英一郎、西島秀俊、長谷川博己。

本作は、TBSとWOWOWの共同制作ドラマ「MOZU」の劇場版。警視庁公安部の捜査官・倉木尚武と、日本犯罪史の裏で暗躍してきた黒幕“ダルマ”の死闘を描く。

西島秀俊

西島秀俊

西島、長谷川、羽住は客席後方から登場。思わぬサプライズ演出に客席が騒然とする中、来場者たちと握手をして壇上に上がった。西島は「今日は、テレビシリーズからの“戦友”である長谷川くんと一緒に舞台に上がることができて非常にうれしいです」と挨拶。続く長谷川が東の決めゼリフである「チャオ!」を披露すると、会場が大歓声に包まれる。

「チャオ!」を披露する長谷川博己。

「チャオ!」を披露する長谷川博己。

西島が「生“チャオ!”いきなり聞けるとは思わなかった!」と笑い、話題は「チャオ!」誕生秘話へ。長谷川は「最初に『チャオ!』が出たのが、ドラマ版で池松(壮亮)さんと駐車場で対峙するシーンなんです。監督が僕のところに来て、『ここで最後に東の狂気を表現してください』って言うんです。『え? 東の狂気ってどういうことだ?』と思ってたら『よーいスタート!』って撮影が始まって。で、自分のセリフを言ったあと『どうしようどうしよう』と思いながらふと見たら、イタリア車のマセラティが停まってたんで、『チャオ!』って言ったんです」と明かし、爆笑を誘う。

さらに、西島が「今日も(映画を観て)爆笑だったんじゃないかと思うんですけど、東がお面を外すシーンがありますよね。飛行機がすごく遅れて、直前に現場に着いてなんだかわからないまま車に乗せられて、(長谷川は)あの演技やってるんですから。『こいつすげえな』って思って」と笑う。長谷川はこれに対して「飛行機が、予定日の翌日の夕方に着いたんです。で、本来朝に撮らなければいけないシーンを夕方に撮ったんですよ。でも太陽が沈んでいくから僕はもう顔面蒼白で、『どうしたらいいんだろう』と思って。その焦った気持ちから(面を外すジェスチャーをしながら)『ごめんなさーい!』って(笑)」と、西島が脱帽した演技について説明した。

終盤には抽選で選ばれた3名の来場者が壇上に招かれ、西島、長谷川、羽住のサイン入りのMOZUオリジナルTシャツがプレゼントされた。最後に西島は、「これで舞台挨拶は最後になりますが、映画の上映は今後も続きますし、テレビシリーズも何度も何度も観てもらって、『MOZU』という作品を育てていただけたらこんなにうれしいことはありません」と挨拶し、イベントを締めくくった。

この記事の画像・動画(全26件)

関連する特集・インタビュー

関連記事

リンク

関連商品