映画ナタリー - 話題の映画・ドラマ情報など最新ニュースを毎日配信

エドワード・ヤン「恐怖分子」初BD&DVD化、デビュー作収めたオムニバス映画も発売

101

「恐怖分子 デジタルリマスター版」 (c)CENTRAL PICTURES CORPORATION

「恐怖分子 デジタルリマスター版」 (c)CENTRAL PICTURES CORPORATION

台湾ニューシネマの旗手エドワード・ヤンが監督を務めた「恐怖分子 デジタルリマスター版」のBlu-ray / DVDが、本日11月3日に発売された。

これは、1987年ロカルノ国際映画祭で銀豹賞に輝くなど高い評価を受けた「恐怖分子」のデジタルリマスター版。1980年代の台北を舞台に、混血の少女シューアン、カメラマン志望の少年シャオチェン、上司の死を出世のチャンスに変えようと暗躍する医師リーチョン、その妻で執筆に行き詰まる小説家イーフェンらが、街に響く銃声と1本のイタズラ電話をきっかけに連鎖反応的に関係しあい、悲劇を生み出していく。

ヤンの出世作として知られる同作がBlu-ray / DVD化されるのは今回が初。パッケージには特典としてブックレットが封入される。

同日にはヤンの監督デビュー作「希望」を収めたオムニバス映画「光陰的故事」のDVDも発売。4本の短編によって構成された本作は、当時新人であったタオ・ドゥツェン、クー・イチェン、チャン・イーとエドワード・ヤンの4人がそれぞれ監督を務めたもので、現在では台湾ニューシネマの幕開けを飾った作品として知られている。同作も今回が初DVD化となる。

恐怖分子 デジタルリマスター版

2015年11月3日(祝・火)発売
発売元:フルモテルモ / スタイルジャム
販売元:ハピネット
価格:DVD 4104円 / Blu-ray 5184円

光陰的故事

2015年11月3日(祝・火)発売
発売元:フルモテルモ / スタイルジャム
販売元:ハピネット
価格:DVD 4104円

映画ナタリーをフォロー