映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森田剛“めんどくさいから殺していい?”、「ヒメアノ~ル」特報&ビジュアルで怪演

325

左からムロツヨシ、濱田岳、佐津川愛美。(c)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 

左からムロツヨシ、濱田岳、佐津川愛美。(c)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 

V6森田剛が映画初主演を務めた「ヒメアノ~ル」のメインビジュアルと特報映像が、本日11月1日21時より公式サイトにて公開される。

「ヒメアノ~ル」は、「ヒミズ」の古谷実による同名マンガを、「さんかく」の吉田恵輔が実写化した作品。ビル清掃会社でパートタイマーとして働く青年・岡田進の平凡な日常が、後に彼の恋人となるユカをストーキングするサイコキラー・森田正一の凶行と交差していくさまを追う。森田剛が人を“ターゲット=餌”としか思わない狂気の殺人鬼に扮し、岡田を濱田岳が、ユカを佐津川愛美が、岡田の同僚・安藤をムロツヨシが演じている。

今回公開されるメインビジュアルは、キャストの面々のほかに包丁や拳銃、スコップなど不吉な写真がコラージュされたもの。鋭い眼差しを前方に向ける森田剛の横には「めんどくさいから殺していい?」というコピーが入り、殺人鬼の狂気を伝える。一方、濱田とムロの日常をコミカルに捉えたシーンから始まる特報では、返り血を浴びながらバットを振り下ろし、「今から殺して山に埋めようと思うんだけど」と淡々と語る森田剛の怪演が映し出されていく。

「ヒメアノ~ル」は、2016年5月28日よりTOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー