映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森田剛の初主演作「ヒメアノ~ル」がウーディネ・ファーイースト映画祭に正式出品

406

「ヒメアノ~ル」 (c)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 

「ヒメアノ~ル」 (c)2016「ヒメアノ~ル」製作委員会 

映画「ヒメアノ~ル」が第18回ウーディネ・ファーイースト映画祭のコンペティション部門に正式出品されることが決定。現地時間4月25日に、主演の森田剛V6)と監督の吉田恵輔が映画祭に参加することが発表された。

ウーディネ・ファーイースト映画祭は、イタリアの都市ウーディネで開催される映画祭。東アジアおよび東南アジアの最新作をヨーロッパに紹介することを主旨にしており、大作からミニシアター系の作品まで幅広いジャンルの作品を選出する。2014年には岡田准一の主演作「永遠の0」が観客賞を受賞した。

森田にとって初の主演映画となる「ヒメアノ~ル」は、古谷実の同名マンガを原作とするサイコスリラー。濱田岳演じる平凡な青年・岡田進の平凡な日常が、森田扮する殺人鬼・森田正一の狂気に侵食されていくさまを描く。なお古谷は、本作について「客観的にとても楽しく観られました。すべてのスタッフの方々に感謝しています」とコメントしている。

映画ナタリーをフォロー