映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

森田剛のつれない返事にムロツヨシ傷心、「ヒメアノ~ル」ジャパンプレミア

583

「ヒメアノ~ル」ジャパンプレミアの様子。左からムロツヨシ、濱田岳。

「ヒメアノ~ル」ジャパンプレミアの様子。左からムロツヨシ、濱田岳。

映画「ヒメアノ~ル」のジャパンプレミアが本日5月9日、東京・TOHOシネマズ 新宿にて行われ、キャストの森田剛濱田岳佐津川愛美ムロツヨシ、監督の吉田恵輔が登壇した。

古谷実の同名マンガを原作とする本作は、フリーターの青年・岡田進の平凡な日常が殺人鬼・森田正一の狂気に侵食されていくさまを描くサイコスリラー。森田正一役で映画初主演を務めた森田は、鑑賞前の観客に向かって「皆さんに観てもらえることをうれしく思っています」と挨拶し、笑顔を見せる。

古谷のマンガ作品が高校時代のバイブルだったという吉田は「映画化のとき監督を務めるチャンスをずっと狙っていました」とコメント。吉田による脚本を読んだ印象を聞かれた森田は「ハードなシーンをどう撮るのか、僕がどこまで演じるのかということにすごく興味が湧きました」と振り返る。

同じ質問に対して濱田が、先に原作を読んだことに触れ「正直、森田さんが森田やんのかよ!?という驚きが強かった」と冗談交じりに答えると、佐津川も「吉田さんが監督で、森田さんが森田さんで」と被せ、観客の笑いを誘う。

完成披露のときに聞こうと思っていたことがあると口火を切ったムロは「オファーが届いたとき『森田さんと濱田さんが(この役は)ムロさんじゃなきゃ嫌だ。そうじゃなきゃ降りる』と言っていたって聞いたんですけど、どうなの?」と2人を問い詰める。濱田が「それは……大人の嘘ってやつでは」と返すと、森田も「俺は、全然誰でもよかった」とつれない答え。その言葉にムロは「バカじゃないの!? 共演者だよ、誰でもいいわけないじゃない!! 口を慎みなさい」と笑顔でたしなめた。

先日行われた第18回ウーディネ・ファーイースト映画祭でワールドプレミアが行われた本作。森田とともに映画祭に出向いた吉田は「現地にはV6を知らない方もいらっしゃって、『彼は本当にアイドルなの!? めっちゃ怖いんだけど』っていう空気がありましたね」と上映後の状況を伝える。続けて「森田くんにはストイックな印象を持っていたんですが、映画祭でちやほやされてうれしかったのか、映画祭のマグカップとか……僕はいらないかなって思う物をたくさん買ってました」と現地での様子を暴露。森田が照れながら「Tシャツやベルトも買いましたね」と明かすと、観客から「かわいい」という声がもれる。

殺人鬼を演じた感想を聞かれた森田は「よかったです」ときっぱり。「もうちょっと前でもできなかっただろうし、このあとでも無理だったと思うので、このタイミングで『ヒメアノ~ル』の森田という役をできてよかった」と述懐した。

「ヒメアノ~ル」は5月28日より全国ロードショー。

映画ナタリーをフォロー