映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

ちすん&元NMB48・福本愛菜が「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」に出演

54

スキャナー 記憶のカケラをよむ男」に、ちすんと福本愛菜が出演していることがわかった。

本作は平成ガメラ3部作の金子修介がメガホンを取り、「ALWAYS 三丁目の夕日」や「探偵はBARにいる」シリーズの古沢良太が脚本を書き下ろしたサスペンスコメディ。人間の“残留思念”を読み取ることができる男・仙石和彦と、過去に彼とコンビを組んでいたお笑い芸人・丸山竜司が、ある失踪事件に巻き込まれていくさまを描く。仙石役を務めるのは、現代劇初挑戦の野村萬斎。丸山役を雨上がり決死隊の宮迫博之が演じる。

「ヒーローショー」などで知られるちすんが扮するのは、失踪した音楽教師・沢村雪絵の同僚である伊藤忍。行方不明となった雪絵を心配する一方で、残留思念を読み取って彼女の行方を捜す仙石たちに疑惑の目を向ける役どころだ。ちすんは忍について、「とてもミステリアスな存在なので、難しそうだけど、演じるのが楽しそうだなと思いました。監督からは背筋を伸ばしもっと胸を張って!と言われました」と述べている。

一方元NMB48の福本愛菜が演じるのは、芸能事務所・峠プロダクションでアイドルとして活動する傍ら、事務員としても働く唯川ひな子。福本は今回の映画デビューについて、「演技をすることの楽しさを改めて感じ、周りの方々から刺激を受けながら撮影できました!」と語っている。

「スキャナー 記憶のカケラをよむ男」は、2016年ゴールデンウイークに全国ロードショー。

ちすん コメント

演じたキャラクターについて

とてもミステリアスな存在なので、難しそうだけど、演じるのが楽しそうだなと思いました。監督からは背筋を伸ばしもっと胸を張って!と言われました。“凛とした女性”、そして、“なんだか不思議な女性”に映っているといいなぁと思っています。

共演者について

みなさんとても素敵な役者さんなので緊張しましたが、役柄上、みなさんに流されないように、飲み込まれないように意識しました。

福本愛菜 コメント

映画初出演について

映画の話をいただいたときは素直にめっちゃ嬉しかったです! 念願の映画初出演ということで、すごく気合いも入ってました! 演技をすることの楽しさを改めて感じ、周りの方々から刺激を受けながら撮影できました!

演じたキャラクターについて

事務員としての仕事をしつつアイドルらしさを出すというのはすごく難しかったんですが、話し方に丸みを持たせるように意識しました。あと事務所に貼ってるポスターの撮影では、NMB時代に数々の撮影で得たポーズとアイドルスマイルが活きてたんじゃないかなと思います!

川田亮プロデューサー コメント

ちすんについて

ちすんさん演じる忍の醸し出す妖艶さが、今回の映画の中で大変重要な空気感を生み出しており、ストーリーが進むにつれ、その存在感も増していきます。表情が制限された中でのお芝居は、大変だったと思いますが、その制限の中でも、微妙な変化を生み出していて、驚きました。

福本愛菜について

NMB48からよしもと新喜劇という異色の経歴の福本さんですが、そこで培った度胸なのか、映画初挑戦とは思えない堂々としたお芝居をされておりました。また、ベテランの高畑(淳子)さんや宮迫さんとの掛け合いも楽しげにテンポ感良く演じられていて、現場を明るいムードにしてくれました。

映画ナタリーをフォロー