映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

綾瀬はるかと是枝裕和、原爆の悲劇伝える特番で「海街diary」に続き再タッグ

47

戦後70年特別番組「いしぶみ ~忘れない。あなたたちのことを~」で朗読を務めた綾瀬はるか。

戦後70年特別番組「いしぶみ ~忘れない。あなたたちのことを~」で朗読を務めた綾瀬はるか。

綾瀬はるかが出演する、広島テレビ制作の戦後70年特別番組「いしぶみ ~忘れない。あなたたちのことを~」が、明日8月1日(土)の13時30分から日本テレビ系で放送される。

「いしぶみ」は、松山善三の構成のもと1969年に杉村春子が出演した番組「碑」のリメイク版。1945年8月6日の原子爆弾投下により“全員死亡”とされた旧制広島県立広島第二中学校1年生の悲劇を、杉村と同じ広島市出身の綾瀬が読み伝える。脚本・演出を務めるのは、「海街diary」で綾瀬とタッグを組んだ是枝裕和。綾瀬の朗読と、ジャーナリストの池上彰による遺族への取材を結びつけ、視聴者に戦争と平和、命の尊さを問いかける。

是枝は番組の制作にあたり、「この番組を作るのに大事なことは、悲しみではなく、まっとうな怒り。もちろん、子供を失った親の悲しみはあるが、ああいうことに子供を追いやった大人の責任というものをきちんと捉えないといけない」と述べ、「私も大人の世代なので、大人の責任として、この番組は自分自身への怒りとして作りたいと思う」とコメント。綾瀬は収録後、「子供たちが亡くなる前に最後に発した、貴重な言葉が収められています。その言葉を受けて感じることがたくさんあると思いますので、ぜひ聞いていただきたいと思います」と語った。

いしぶみ ~忘れない。あなたたちのことを~

日本テレビ系 2015年8月1日(土)13:30~14:55
脚本・演出:是枝裕和
<出演者>
綾瀬はるか / 池上彰

映画ナタリーをフォロー