映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

「海街diary」公開初日、綾瀬はるか自ら作ったケーキの味は「歯磨き粉混じり」

189

左から池田貴史、夏帆、綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すず、是枝裕和。

左から池田貴史、夏帆、綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すず、是枝裕和。

本日6月13日、東京・TOHOシネマズ 日劇にて「海街diary」の公開初日舞台挨拶が行われ、監督の是枝裕和綾瀬はるか長澤まさみ夏帆広瀬すずらが登壇した。

「海街diary」は、吉田秋生の同名コミックを「そして父になる」の是枝が実写映画化したヒューマンドラマ。父親の死をきっかけに共に暮らすようになった3人の姉と腹違いの妹が、複雑な思いを胸に抱えつつ本当の家族になっていくさまを描く。4姉妹の長女を綾瀬、次女を長澤、三女を夏帆、異母妹である四女を広瀬が演じている。

綾瀬は自身の役である長女の幸を「お姉ちゃんとして厳しくみんなを律する存在」と説明し、司会から「日頃もそんな感じ?」と聞かれると「もちろんです」と答え、来場者から笑いが。次女の佳乃を演じた長澤は、広瀬が扮する四女のすずの足にペディキュアを塗るシーンについて「待ち時間にスタッフに塗ってあげていたら、監督が『いいね』と言って、そのまま新しいシーンとして採用されたんです」と舞台裏を語る。三女の千佳を演じた夏帆は、好きなシーンを聞かれると「シーンが変わって場所や人物が変わっても、作品全体の空気感が途切れないんです。1つだけを挙げるっていうのは難しいですね」と述懐。広瀬は大竹しのぶ演じる4姉妹の母と、樹木希林演じる大叔母が顔を合わせるシーンが印象的だったと話し、「オーラのようなものがあって、圧倒されました」と回想した。

映画についての質問が終わると、イベントは是枝の即興演出を彷彿とさせるサプライズコーナーへ。ところが仕掛け人の1人である綾瀬が段取りを把握しておらず、司会と共に台本を見直す場面に会場中が爆笑。なんとか仕切り直し、本作の公開月である6月が、長澤、夏帆、広瀬、是枝の4人が誕生日を迎える月であることを受けて、綾瀬自ら作ったバースデーケーキが登場。ケーキを運んできたのは劇中で千佳の恋人の浜田役を務めたレキシこと池田貴史で、「どうも、浜田を演じましたケヴィン・コスナーです」と挨拶した。

自身が作ったケーキを口にした綾瀬は、感想を問われると「さっき歯磨きしたんで、歯磨き粉と混ざった感じ」と答え、再び会場に爆笑を巻き起こす。「厳しくみんなを律する存在」とはかけ離れた天然ぶりを発揮していた綾瀬だが、最後には「ご飯を作って食べるとか、そういう当たり前の日々を過ごすことが『生きる』ってことなんだなと改めて実感させられる作品です。皆さんも疲れたときにはまた劇場に足を運んで、『海街』の人たちに会いに来てください」と、4姉妹の代表らしくイベントを締めた。

映画ナタリーをフォロー