映画ナタリー - 最新映画ニュースを日々配信

夏帆、「海街diary」4姉妹の現状を観客に報告「最近も会ってますよ」

78

「海街diary」ティーチインイベントにて。左から夏帆、是枝裕和。

「海街diary」ティーチインイベントにて。左から夏帆、是枝裕和。

海街diary」のティーチインイベントが本日6月27日、東京・新宿バルト9にて行われ、監督の是枝裕和と出演者の夏帆が参加した。

吉田秋生の同名コミックを原作とした「海街diary」は、鎌倉に住む3姉妹と腹違いの妹が織りなすヒューマンドラマ。父の死をきっかけに共に暮らし始め、本物の家族のような絆を築いていくさまがつづられる。長女の幸を綾瀬はるか、次女の佳乃を長澤まさみ、三女の千佳を夏帆、四女のすずを広瀬すずが演じた。

4姉妹が暮らす家について質問が上がると、是枝は「この映画は家が主役のようなもの」と説明し、現在も実際に人が住んでいる家で撮影したと明かす。幸がすずの身長を柱に刻むシーンについては「持ち主の方が『いい記念になります』と温かい言葉をくれたので、本当に柱に刻みました。撮影は一発勝負だったのでハラハラでしたね」と是枝が知られざるエピソードを披露し、観客の目を丸くさせた。

撮影現場の雰囲気を尋ねられた夏帆は「この4人でいるのが本当に大好き。自分でも、まさかこんなに好きになるとは」としみじみ述べ、そして是枝がその空気感を生み出してくれたと話す。是枝は撮影に入る前、4人が実際に撮影する家で掃除や洗濯、料理をする時間を与えてくれたと言い、「だから私たちも無理に演じようとせずにいられました。気付いたら映画1本撮り終わっていたと思うほど自然体でした」と現場の居心地のよさをうかがわせた。そして「最近もけっこう会ってますよ」と作品のファンを喜ばせる情報も。

続く質問は、劇中で多く見られるさりげなく相手に触れる仕草について。千佳が佳乃の脚をペタペタと触る動作は、台本には書かれていなかったことだと夏帆が言及。「私がまさみちゃんの脚を触ってたら、監督が走ってきて『そのまま続けててね』って」と是枝の行動を振り返り、「観察するセンサーがすごいんです!」と笑う。是枝も「じろじろと目を光らせてるんです。ワイヤレスマイクで姉妹たちの何気ない会話を聞いたり……現場なら許される行為なので」と是枝流演出の一端を打ち明けた。

質疑応答のイベントにあまり慣れていないと不安げだった夏帆だが、作品を観終わった直後の観客が伝える感想を聞くうちにだんだんと表情が晴れやかに。最後に劇中に登場するおいしそうな食べ物の数々について質問が飛ぶと、「全部おいしかったんですよ。アジフライの日は4枚食べました!」と無邪気に答えた。

「海街diary」は全国で公開中。

映画ナタリーをフォロー