「海街diary」ティーチインで希林節が炸裂、作品を称賛しながらも毒舌披露

50

本日6月24日、「海街diary」のティーチインイベントがTOHOシネマズ 日本橋にて行われ、樹木希林と監督の是枝裕和が登壇した。

「海街diary」ティーチインイベントの様子。左から樹木希林、是枝裕和。

「海街diary」ティーチインイベントの様子。左から樹木希林、是枝裕和。

大きなサイズで見る(全10件)

是枝裕和

是枝裕和[拡大]

「海街diary」は、吉田秋生の同名コミックを是枝が実写映画化したヒューマンドラマ。鎌倉で暮らす3人の姉妹と腹違いの妹が次第に本物の家族になっていくさまを、四季折々の風景を織り交ぜて描いている。長女の幸を綾瀬はるか、次女の佳乃を長澤まさみ、三女の千佳を夏帆、四女のすずを広瀬すずが演じた。

樹木希林

樹木希林[拡大]

劇中で姉妹の大叔母を演じた樹木は「今、初めてこの映画を観ました。完成度の高い映画に仕上がっておりますね」と評価し、「(映画の)最後に拍手しようと思ったんですけど、1人だけ拍手してるのも変なんで黙ってました」とはにかむ。さらに、作品について「撮影で初めて広瀬すずさんと会ったときに思ったんですけど、彼女に出会えたというのがこの映画を作る上でのポイントでしたね」と指摘し、「是枝さんはやっぱりツイてるんですね。ツキも才能ですから」と賛辞を贈った。

「海街diary」ティーチインイベントのフォトセッションで腕を組む樹木希林と是枝裕和。

「海街diary」ティーチインイベントのフォトセッションで腕を組む樹木希林と是枝裕和。[拡大]

続いて始まったティーチインでは、キャスティングで苦労した点についての質問が飛んだが、是枝が考えている間に樹木が「このぐらいの監督になると、『あの人がいい』と言えば必ず出てくれますから」と口を挟み、笑いを誘う。撮影に苦心したシーンについて話す是枝に、「苦労した割にはそれほどの効果は……」と遠慮なく感想を述べる場面も。

途中、改めて本作を「素晴らしい映画」と称賛した樹木は「家っていうのは、女が土台で作られるという気がしたのね」と話し、幸と佳乃と千佳の母親を演じた大竹しのぶに言及。「女のできが悪いと家は苦しむんだなと。そういう意味では、大竹しのぶさんをキャスティングしたのは大変上手でした。存在するだけで、『あー壊れていくなー』と」と希林節を披露して、会場に爆笑を巻き起こす。最後の質問者が樹木の大ファンであることを明かした際も「私が入れたサクラじゃないかと思われますね」と話し、完全にイベントの中心になっていた。

是枝は最後に「大好きな役者さんだからということだけじゃなく、厳しい人なので、希林さんから見てちゃんとした監督でいたいと思ってるんです」と敬意を表したが、樹木は「それはもう本当に違います」と否定。是枝が笑いながら「また出てください、よろしくお願いします」と頭を下げてイベントは終了した。

この記事の画像・動画(全10件)

関連記事

是枝裕和のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャの映画ナタリー編集部が作成・配信しています。 海街diary / 是枝裕和 / 樹木希林 の最新情報はリンク先をご覧ください。

映画ナタリーでは映画やドラマに関する最新ニュースを毎日配信!舞台挨拶レポートや動員ランキング、特集上映、海外の話題など幅広い情報をお届けします。