音楽ナタリー

鬼束ちひろツアー開幕、名曲カバーで「笑ったら殺す」

496

鬼束ちひろが昨日3月11日、東京・中野サンプラザホールでワンマンライブ「CHIHIRO ONITSUKA TOUR SHOW 2013 悪戯道化師(いたずらどうけし)」の初日公演を行った。

今回のツアーは鬼束を中心にピアノとギター、さらに弦楽四重奏を加えたアコースティック編成で展開。鬼束は「今日はさまざまな曲を歌わせていただきます。どうか楽しんでいってください」と集まったファンに笑顔で挨拶。シャープかつ優雅なダンスを見せながら、ヒット曲「月光」や新曲「悪戯道化師(いたずらピエロ)」を含む新旧の名曲群を歌い上げた。

ライブ中盤ではカバー曲のコーナーも用意された。彼女は「17歳のときオーディションで歌った曲です」と紹介して、敬愛するジュエルの「Who Will Save Your Soul」をギター弾き語りで歌ったほか、初めてCDを買った曲だというたま「さよなら人類」のカバーも披露。本人も意外な選曲であることを感じたのか、歌唱前には観客に「笑ったら殺す」と伝える場面も見受けられた。

ツアーはこのあと3月16日の中野サンプラザホール、3月26日に大阪・梅田芸術劇場メインホールと続く。当日券の販売も予定されているので、気になるファンはぜひ足を運んでみよう。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】