音楽ナタリー

ACIDMAN、3度目の武道館ワンマンライブで底力を提示

187

ACIDMANが全国ツアー「ACIDMAN LIVE TOUR "ALMA"」の一環で、5月1日にキャリア3度目となる日本武道館単独ライブを実施した。

最新アルバム「ALMA」のリリースを記念して行われている今回のツアーは、2月26日にZeppTokyoからスタート。韓国と台湾での海外ライブを経て行われた武道館公演は、ツアー唯一のアリーナ会場ということで、その特性を生かした演出や舞台装置がバンドのパフォーマンスをさらに盛り上げた。

紗幕にメンバー名が投影され、ドラマチックな形で幕を開けたオープニングに続き、序盤は攻撃的なナンバーの応酬で会場を熱狂させていった3人。オオキノブオ(Vo, G)は「震災で、いろんな悲しみが生まれ、いろんなイベントが中止になったりしたが、先のことを悲観して不安な1日を過ごすよりも、今という瞬間をポジティブな気持ちで日々を生きるべきだと思い、こんなときだからこそツアーを続行した」とツアーを中断しなかった理由を説明し、「今日この場のエネルギーを仙台に持って行くから、全力で盛り上がって最高の1日にしましょう。よろしく!」とオーディエンスに語りかけ、熱演を繰り広げた。

本編は「ALMA」の収録曲を中心に、「式日」「飛光」などライブ映えするナンバーをたっぷり演奏。新たなアレンジを施した「FREE STAR」では、オオキがギターをループさせる様子がスクリーンに映し出され、その一挙一動をオーディエンスは食い入るように見つめる。そしてサビではミラーボールの光とレーザー光線が縦横無尽に舞い、スケールの大きな楽曲の魅力を引き出した。

さらに即興的なセッションから始まった「Final Dance Scene」では、ウラヤマイチゴ(Dr)が叩き出すダンサブルなビートがオーディエンスを踊らせる。この曲でも、派手なレーザーが会場を彩り、圧巻のサウンドとともに会場の熱狂を加速させていった。

また、恒例のイチゴのMCコーナーでは、ツアー会場で実施したアンケート結果を公表。「ACIDMANのドラムは……?」という問いに対して複数の選択肢を用意したものの、「イチゴがいい」という回答が少なかったことを激白する。「俺のガラスのハートはバキバキに壊れてる!」と嘆きつつなんとか話をまとめようとするが、肝心なところでメンバーの名前を間違え大失態。「武道館って魔物が棲んでるんだな」と苦笑いしながら、「3人でここで演奏できることを光栄に思います」と語った。

本編のクライマックスを飾ったのは「ALMA」。この曲を演奏する前にオオキは、「同じ星に生まれ、同じ時代を生きて、同じ場所にいて、音楽で感動できるなんて奇跡だと思います。だから一瞬一瞬を大切に生きなきゃいけない。どんなことにも意味があるんだなって思うし、それを少しでも音楽を通して伝えていきたい」と熱く語り、観客の拍手を浴びた。

本編終了後も拍手が鳴り止まず、それに応え再登場したメンバーたち。サトウマサトシ(B)は「3度目の武道館だからか、全然緊張してなくて、音楽をやれてる喜びを感じながら演奏してます」と語り、オオキは涙目になりながら「音ひとつで世界を変えられると思ってるので、これからもよろしくお願いします」と挨拶した。その後、3人はカバーから懐かしいナンバーまで4曲を熱演。ラストは前回の武道館公演でも披露した「廻る、巡る、その核へ」を壮絶なPV映像とともにプレイし、貫禄を感じさせるパフォーマンスでライブを締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー