音楽ナタリー

嵐、紅白司会の相葉雅紀へエール「できるから選ばれてる」

1104

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事ではのコメントを紹介する。

8回目の出場にして大トリを務める嵐。この出番に松本潤は「相葉(雅紀)さんの司会もサプライズですけど、大トリという大役も驚きです」と緊張の表情を見せ、大野智は「ギリギリまで知らなかったので、ドッキリみたいな感じでした」と語る。また、白組司会と大トリのダブル大役の相葉は「自分たちの歌を歌ったらちょっとラクになるかな、と思っていたのに……(笑)」と、最後まで緊張を強いられる出番に苦笑いしていた。

「白組司会・相葉雅紀」への思いを尋ねられると、櫻井翔は「こんなこと言うのははばかられますけど、ある程度のハプニングは期待しています(笑)。ミスを恐れずに」とアドバイスし、松本は「5人での経験があるので、締めるところは締めると思います」、大野は「(嵐として)何回もやってるし」とエールを送る。二宮和也は「できると思いますよ! だから選ばれてるわけだし」と力強く背中を押した。

彼らが今回の紅白で披露するのは「嵐×紅白スペシャルメドレー」。このメドレーを松本は「僕らがずっと歌ってる曲をメドレーでやらせていただきます」、大野は「新しい振りもあります」と解説し、大トリまで長丁場を務める相葉は「(最後まで)振りを覚えているかな……今日は居残り練習します(笑)」と気合いを見せた。

今年1年を漢字で表すと、という質問にメンバーそれぞれが答える中、松本は「雅」を挙げる。「相葉くんが紅白の司会というのはすごいこと。きれいに(1年を)飾って、最後に優勝旗を持ってもらえれば」と嵐での司会時に優勝旗を手にしたことがない相葉へ期待をにじませると、相葉はこれまで優勝旗を手にすることが多かった大野に対して「絶対出てこないでね!(笑)」と釘を刺した。

また、事務所の先輩のSMAPへの思いを尋ねられた大野は「寂しい気持ちです。たくさんのことを受け継いで、僕らなりにやっていきたい」と明かし、櫻井は嵐の紅白初出場時に司会を務めた中居正広について「中居くんが袖で見ててくれて心強く、不安でいっぱいな中を支えてもらいました」と振り返る。さらに櫻井は「誰も経験してこなかったことを一番最初に切り拓いてきた人たちでした」と、偉大な先輩を讃え、取材を締めくくった。

音楽ナタリーをフォロー