音楽ナタリー

嵐の相葉雅紀、「紅白」共演の有村架純にアドバイス「ごはんはちゃんと食べて」

672

「第67回NHK紅白歌合戦」総合司会を務める武田真一アナウンサーと紅組司会の有村架純。

「第67回NHK紅白歌合戦」総合司会を務める武田真一アナウンサーと紅組司会の有村架純。

12月31日(土)に放送される「第67回NHK紅白歌合戦」のリハーサルが、本日12月29日に東京・NHKホールにて行われている。この記事では白組の司会を務める相葉雅紀)と紅組司会の有村架純、総合司会を務める武田真一アナウンサーの囲み取材の模様を紹介する。

取材が始まるなり有村は「目が……びっくりしました」とフォトセッション時のフラッシュまぶしさについてコメントし、相葉も「今日はヤバかったです! ひさしぶりだったんで」と続ける。1人で白組の司会を務める思いについて聞かれた相葉は、「5人でやらせていただいていたときは、大変なところは櫻井(翔)くんがやってくれたんで(笑)。今のところすごく楽しく、出演者の方とお話しています」とまだ緊張していない模様。「ドラマで共演経験があるので、そのときの空気感がよみがえって」と一緒に司会を務める有村との相性のよさについても述べた。有村も相葉を横に「責任感があって。でも、相葉さんに任せてばかりじゃだめだなって。一緒にがんばっていけたらと思います」と笑う。また相葉は「面談でジャニーズ事務所の先輩と会うと安心する」「(KinKi Kidsの堂本)剛さんには『俺らのところは気抜いていいから』と言ってもらって」と微笑ましいエピソードを語るなど場を盛り上げる。

武田アナウンサーは2人のやり取りを見守りながら「頼もしいですね。僕がやることはないですから」「改めて安心して……いや、安心してはいないかな、自分については」と謙遜。相葉はこの言葉に「その声だけで安心します」「見習うことばかりです」と太鼓判を押し、武田アナウンサーの研究熱心な姿を報道陣に説明する。さらに「ダンスの振り付けも練習したんですよね?」と水を向けると、武田アナウンサーは「それはあまり気にしないで……」と意味深に返答していた。

そして相葉は「紅白」司会の先輩として「ごはんの時間は気を付けろ。ごはんはちゃんと食べて。でも直前まで食べてるとウッとなるから」と自身の経験を踏まえてアドバイス。仲睦まじく会見が終わると思いきや、相葉は最後に「嵐で司会をしたときに、勝っても優勝旗を持ったことがないんで、勝ちたい気持ちはある」と闘志を燃やす。一方の有村は「私も負けたくないんですけど……楽しくやれたらいいな」と口にした。

音楽ナタリーをフォロー