音楽ナタリー

丙午生まれ吉井和哉、斉藤由貴、スガシカオらが武道館で豪華セッション

1556

「FM COCOLO Presents『ROOTS66-Naughty50-』」東京・日本武道館公演の様子。(撮影:三浦麻旅子)

「FM COCOLO Presents『ROOTS66-Naughty50-』」東京・日本武道館公演の様子。(撮影:三浦麻旅子)

昨日3月27日に東京・日本武道館にて1966年生まれのアーティストたちによるライブイベント「FM COCOLO Presents『ROOTS66-Naughty50-』」の東京公演が行われた。

東京公演に登場したのは宮田和弥(JUN SKY WALKER(S))、大槻ケンヂ筋肉少女帯特撮)、福島忍(勝手にしやがれ)、中川敬(ソウル・フラワー・ユニオン)、増子直純(怒髪天)、田島貴男(ORIGINAL LOVE)、田中邦和(sembello)、斉藤和義渡辺美里スガシカオ、ABEDON(ユニコーン)、阿部耕作(THE COLLECTORS)、伊藤ふみおKEMURI)、沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラ)、斉藤由貴吉井和哉THE YELLOW MONKEY)、たちばな哲也(SPARKS GO GO)、八熊慎一(SPARKS GO GO)、奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)、田中和(勝手にしやがれ)、木暮晋也(ヒックスヴィル)、谷中敦(東京スカパラダイスオーケストラ)、トータス松本ウルフルズ)、tatsu(LA-PPISCH)、友森昭一という面々。1966年生まれの落語家・立川談春がオープニングのナレーションを務め会場を盛り上げたのち、まずは出演者たちが誕生日順に登場しメドレーを披露した。その後のセッションコーナーも充実した内容となり、増子、トータス、田島が世良公則&ツイスト「銃爪」、中川、吉井、田島がデヴィッド・ボウイ「Changes」をカバー。さらに斉藤由貴、田島、トータス、増子、宮田という組み合わせで竹内まりや「人生の扉」をカバーしてオーディエンスを魅了した。

イベント終盤では出演者全員によるセッションで、RCサクセション「JUMP」、ジローズ「戦争を知らない子供たち」、沢田研二「勝手にしやがれ」をパフォーマンス。最後は西城秀樹「YOUNG MAN」のカバーが披露され3時間超えの「ROOTS66-Naughty50-」東京公演は締めくくられた。

なお「ROOTS66-Naughty50-」の大阪公演は、4月3日に大阪城ホールにて行われる。

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】