音楽ナタリー

モーサム、キネマ倶楽部で“天国に一番近い”ツアー終焉

350

MO'SOME TONEBENDER「Ride into HEAVEN TOUR ~天国に一番近いGIG~」東京・東京キネマ倶楽部の様子。(撮影:岡田貴之)

MO'SOME TONEBENDER「Ride into HEAVEN TOUR ~天国に一番近いGIG~」東京・東京キネマ倶楽部の様子。(撮影:岡田貴之)

MO'SOME TONEBENDERが11月15日に東京・東京キネマ倶楽部でワンマンツアーのファイナル「Ride into HEAVEN TOUR ~天国に一番近いGIG~」を実施した。

8月にリリースされたニューアルバム「Ride into HEAVEN」を携え開催された今回のツアー。会場では多くのファンが開演を心待ちにしていた。

会場が暗くなると、百々和宏(Vo, G)、藤田勇(G, Dr, Key)、水野雅昭(Dr)が演奏の用意を始める。そして武井靖典(B)が電飾を施した衣装で登場するとともに、バンドはGang Of Four「To Hell With Poverty!」のカバーからライブをスタートさせた。武井が何度も煽ってファンのテンションを高めていく中、バンドは「凡人のロックンロール」「マッドネス」などアップテンポなナンバーを次々披露した。

「HigH」演奏後のMCで、武井は観客の歓声を受け「ナイス!」「汁いっぱい出していこう!」とフレンドリーに反応した。さらに「You are Rock'n Roll」を披露した後には「ももさーん!」という子供の歓声も聞こえ、それに対し百々は「今日一番かわいい子を見つけた」と応えた。その後バンドはアルバム「Ride into HEAVEN」の収録曲を続けてプレイ。「nuts」では藤田によるシンセサウンドが楽曲を爽やかに彩っていき、「Kick Out ELVIS」では武井によるエモーショナルな語りが幾度も挟まれ、どんどんファンを惹きつけていった。

「だいぶ汁が出てきたでしょう? まだ残ってるよね?」「まだまだ熱上げて!!」という煽りから始まった「FEEVEER」では、武井が客席を指差し会場を盛り上げていく。この楽曲の演奏中武井はいったんステージ裏に捌けるが、「Lost In the City」の演奏が始まると天使の羽を付けて再びステージへ。赤と青のライトセーバーを振り回すパフォーマンスを見せた。さらに「ElectBoys」で百々はTシャツを脱ぎ、上半身裸で客席へダイブ。バンドもオーディエンスもますますヒートアップしていき、「未来は今」まで休みなく演奏し本編を終えた。

アンコールでは「そこのYouも! 2階席のYouも……Lucky Friends!」という武井のコメントから「We are Lucky Friends」の演奏をスタート。続く「echo」では百々が美しいギターサウンドを会場に響きわたらせ、バンドは厳かにライブの幕を下ろした。さらに鳴り止まないコールに応えて披露された「GREEN & GOLD」では、藤田が水野の横に座りドラムを担当。終盤では2人の力強いドラミングにあわせ百々と武井が音をかき鳴らし、フルパワーでツアーを締めくくった。

MO'SOME TONEBENDER「Ride into HEAVEN TOUR ~天国に一番近いGIG~」2015年11月15日 東京キネマ倶楽部 セットリスト

01. To Hell With Poverty!
02. 凡人のロックンロール
03. hit parade
04. ヒューマンビーイング
05. マッドネス
06. 冷たいコード
07. HigH
08. トーキョーロスト
09. 平民貧民大貧民
10. You are Rock'n Roll
11. long long long
12. nuts
13. Kick Out ELVIS
14. Have you ever seen the stars?
15. ペチカ
16. FEEVEER
17. Lost In the City
18. ElectBoys
19. ロッキンルーラ
20. Shining
21. 未来は今
<アンコール>
22. We are Lucky Friends
23. echo
<ダブルアンコール>
24. GREEN & GOLD

音楽ナタリーをフォロー