音楽ナタリー

ピエール瀧そっくりの悪魔も登場、ケラ監督「怪奇恋愛作戦」明日から

532

テレビ東京系ドラマ「怪奇恋愛作戦」記者会見の様子。

テレビ東京系ドラマ「怪奇恋愛作戦」記者会見の様子。

本日1月8日に東京・テレビ東京天王洲スタジオにて、ケラリーノ・サンドロヴィッチが監督を務めたテレビ東京系ドラマ「怪奇恋愛作戦」の記者会見が行われた。

「怪奇恋愛作戦」は麻生久美子、坂井真紀、緒川たまきが演じるアラフォーの女性3人が、妖怪や怪奇現象と戦いながら恋を求めるホラーラブコメディ。会見には監督のケラとドラマに出演する麻生、坂井、緒川、仲村トオルが登壇し、和やかな雰囲気の中、監督と出演者たちは撮影時のエピソードや見どころなどを語った。

映像作品を手がけるのは久しぶりだというケラは「ドラマというしっかりした枠組みの中で、大好きなモンティ・パイソンのようなコント的なものを作りたかった。子供の頃から『悪魔くん』『河童の三平』『怪奇大作戦』『ウルトラQ』とか実写の怪奇ものが大好きで、そういうものをナンセンスコメディの中に落とし込めないかな、と2年半前くらいから考えていた」と作品について説明。麻生は「『深夜だから数字は気にしなくていい』と言われたんですけど、私は視聴率が欲しいです」とコメントし、記者陣に作品をアピールした。

女王蜂が手がけるドラマのオープニングテーマ「ヴィーナス」の話になると、ケラは「アヴちゃん(Vo)にはドラマのテイストに合わせて、80'sっぽいというか、どこか懐かしい感じのアップテンポな曲をお願いした」と、その制作依頼の背景を語る。またエンディングを彩る電気グルーヴの「Fallin' Down」については「彼らとは付き合いが長いので、具体的に『電気グルーヴの“あの曲”みたいに』ってお願いしただけ。あとは(ピエール瀧が今作で声を演じた悪魔の)ブイヨンが瀧に似てるって話をずっとしてた」と話し、記者たちの笑いを誘った。

ドラマ「怪奇恋愛作戦」は明日1月9日(金)深夜24:12から放送がスタートする。

テレビ東京系 ドラマ24「怪奇恋愛作戦」

2015年1月9日(金)24:12~24:52
<出演者>
麻生久美子 / 坂井真紀 / 緒川たまき / 犬山イヌコ / 山西惇 / 水澤紳吾 / 今野鮎莉 / 池谷のぶえ / 岩崎う大(かもめんたる) / 槇尾ユウスケ(かもめんたる) / 大倉孝二 / 仲村トオル

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【プロモーションプランナー】