音楽ナタリー

乃木坂46「来年は紅白に」晴れ着で年賀状投函

633

「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」の様子。

「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」の様子。

乃木坂46が年賀状親善大使に就任。本日12月15日に東京・JPタワーホール&カンファレンスにて行われた「2015年用年賀状 引受開始セレモニー」に出席した。

イベントには秋元真夏、生田絵梨花、桜井玲香、白石麻衣、西野七瀬、橋本奈々未、星野みなみの7人が晴れ着姿で参加。始めに7人は子供たちによる年賀状の投函をサポートすることに。彼女たちは声を掛けたり、手をつないでポストまでの道のりをアテンドしたりしながら、子供たちが思い思いの年賀状を投函する様子を温かく見守った。続いて生田と白石も年賀状を投函。2人は自身が制作した年賀状を、緊張した面持ちでポストに入れ、完了すると笑顔を見せた。

その後は年賀状にまつわるトークへ。誰に年賀状を送りたいかと聞かれた橋本は「今年はたくさんのスタッフさんにお世話になったので、感謝の気持ちと『来年もよろしくお願いします』という気持ちを込めて、今年1年に関わった方全員に送りたい」とコメント。秋元は「最近全然会えてないので中学時代の友達に。普段会えない人に届けられるのも年賀状の魅力ですよね」と語った。また星野と桜井は自分が制作した年賀状を公開。星野は学校の友達や普段会えない友達に向けたものを、桜井はメッセージをたくさん書き込めるようスペースを大きく取ったものを、それぞれ披露した。

さらに会場には特別ゲストとしてロッチが登場。ロッチの2人はスマートフォンアプリを使った最新年賀状のサービスを紹介する。このコーナーの中で、LINEを通じロッチの中岡創一からの年賀状を受け取った西野が「とりあえず受け取り方法はわかったので、受け取るか受け取らないかはちょっと考えます」と交わす一幕も。また日本郵便のオフィシャルキャラクター「ぽすくま」のLINE公式アカウントがデザインを即時に制作するサービスでは、デザインができあがるたびに乃木坂メンバーは「すごーい!」「かわいい!」と感嘆の声を上げる。最後に桜井が「いろんな年賀状が作れるので、個性的な年賀状を作って、もらって楽しんで、送って楽しむということをしていただきたいなと思います」とメッセージを送り、イベントを締めくくった。

イベント終了後には囲み取材が行われ、桜井が「年賀状って手書きじゃないとダメだと思って(元旦に届く期限である)12月25日に間に合わないことが多かったんですけど、こんなに簡単に送れるんだったら25日までに出そうって改めて思いました」とイベントの感想を話す。また秋元は「LINEで送れると知ったので、今年はメンバーに送りまくりたいです」と興奮気味に口にした。「今年の乃木坂46を漢字一文字で表すと?」という質問が投げかけられると、生田が「跳」と回答。その理由を「今年はジャンプアップできた年でしたね」と言い、「今年は紅白に出られなかったので来年は紅白を1つの大きな目標にして走っていきたい」と来年の抱負を力強く語った。

なお日本郵便では1月1日から1月31日まで「乃木坂ぐるぐるAR年賀状」を提供する。「乃木坂ぐるぐるAR年賀状」では、宛名面にスマホアプリ「ゆうびんAR」をかざすと、乃木坂メンバーの晴れ着姿や干支である羊のコスプレ姿など全8パターンの動画を観ることができる。さらに動画ではBGMとして1月7日リリースのニューアルバム「透明な色」に収録されている未発表曲「自由の彼方」「革命の馬」の2曲を聴くことができる。

※記事初出時、一部キャプションに誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

音楽ナタリーをフォロー