音楽ナタリー

さくら学院杉崎寧々、グループ卒業後は憧れの看護師目指す

391

さくら学院が昨日3月28日に東京・SHIBUYA-AXにて単独イベント「The Road to Graduation 2013 ~放課後アンソロジー みんなでわっしょい!~」を開催した。

中等部3年の堀内まり菜、飯田來麗、杉崎寧々、佐藤日向の卒業を目前に控えた今回の公演では、ライブで定番の楽曲を中心に元気いっぱいのステージを展開。初披露となった「負けるな!青春ヒザコゾウ」では背の順で一列に並んだり、“背比べ”をしたりなど歌詞にちなんだダンスで父兄(ファン)を楽しませた。

ライブの終盤では中等部の4人がセレクトした「Magic Melody」と「マシュマロ色の君と」を披露。生徒たちは切ないメロディと歌詞を噛みしめるように歌い上げた。本編の最後では堀内が「皆さんに最高のパフォーマンスを届けるために何度もケンカをしたけれど、こうやってステージに立てることをすごく幸せに感じています」と感謝の言葉を述べ、12人で名曲「FRIENDS」を全力で届けた。

アンコールを受けて再び登場したさくら学院は3月12日にリリースされた「さくら学院 2013年度 ~絆~」収録の「未完成シルエット」を初披露することに。さくら学院開校時から在籍する中等部3年の4人は、4年間の活動の集大成とも言える貫録あるパフォーマンスでその存在感を見せつけた。そして4人はさくら学院を卒業したあとの夢について語る。飯田は将来の夢に女優を挙げ、「いつかは卒業していった先輩たちを抜きます!」と力強く宣言した。続いて堀内は声優アーティストを将来の夢に挙げ、大好きなアニメや物語の世界を世の中にもっと発信していきたいと笑顔で語った。そして佐藤は女優になって芝居を中心に活躍していきたいと話し、「日向、ビッグになります! 目指せスーパーレディー!」といつものテンションで叫んで会場を盛り上げる。最後に残った杉崎は、憧れの看護師を目指すためにさくら学院卒業と同時に芸能界を引退すると発表。まっすぐに夢を追いかける彼女の強い思いを受け止めた父兄たちは大きな声援と拍手を杉崎に送る。涙目になりながらも杉崎は「看護師になったら皆さんに注射を打たせてください!」とおどけてみせ、いつもの笑顔を父兄たちに見せた。そしてイベントの最後には本年度の卒業ソング「Jump Up ~ちいさな勇気~」を披露。合唱パートでは父兄も生徒たちと一緒に歌い上げ、この日のライブで一番の盛り上がりとなった。鳴り止まない拍手の中、堀内が「あと残り1ステージ、最後まで全力で成長し切ります!」と挨拶し、この日のライブは幕を閉じた。

なおさくら学院は、明日3月30日に東京・渋谷公会堂で2013年度卒業式「The Road to Graduation Final ~ さくら学院 2013年度 卒業~」を実施する。

The Road to Graduation 2013 ~放課後アンソロジー みんなでわっしょい!~2014年3月28日 SHIBUYA-AX セットリスト

01. チャイム
02. Hana*Hana
03. 顔笑れ!!
04. FLY AWAY
05. オトメゴコロ。
06. WONDERFUL JOURNEY
07. 負けるな!青春ヒザコゾウ
08. Capsule Scope
09. Magic Melody
10. マシュマロ色の君と
11. FRIENDS
<アンコール>
12. 未完成シルエット
13. Jump Up ~ちいさな勇気~

The Road to Graduation Final ~ さくら学院 2013年度 卒業~

2014年3月30日(日)東京都 渋谷公会堂

※特集記事へはこちらから!
ナタリー - [Power Push] さくら学院「ライブ・ビューイング」体験レポート

音楽ナタリーをフォロー

  • スタッフ募集のお知らせ【音楽ナタリー編集記者】