フェンシングの出来は100点!RIKU・糸川耀士郎ら出演のミュージカル「フィーダシュタント」開幕

4

1198

この記事に関するナタリー公式アカウントの投稿が、SNS上でシェア / いいねされた数の合計です。

  • 335 846
  • 17 シェア

ミュージカル「フィーダシュタント」が、本日3月16日に東京・ニッショーホールで開幕。同日昼に、公開ゲネプロと合同取材会が行われた。

ミュージカル「フィーダシュタント」合同取材会より。

ミュージカル「フィーダシュタント」合同取材会より。

大きなサイズで見る(全27件)

ミュージカル「フィーダシュタント」合同取材会より。

ミュージカル「フィーダシュタント」合同取材会より。[拡大]

昨年韓国で初演された「フィーダシュタント」は、フェンシングを題材にしたミュージカル。100年前のドイツを舞台に、エリートスポーツ学校に入学した少年たちの成長や葛藤が描かれる。日本人キャストが出演する今回は、日本版演出をほさかよう、フェンシング監修を日本フェンシング史上初のオリンピック銀メダリスト・太田雄貴、フェンシング指導をリオデジャネイロオリンピックや東京オリンピックに出場した徳南堅太が担う。

合同取材会にはキャストのRIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、糸川耀士郎正木郁吉高志音、浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、藤田玲に加え、太田が登壇した。

RIKU

RIKU[拡大]

主人公マグナス・ヴォルカー役を演じるRIKUは自身の役柄について「すごく負けず嫌いで正義を貫こうとする熱いキャラクター。17歳らしい不器用さを表現できれば。僕は29歳なので経験値がにじみ出ないように、当時の自分を思い返して稽古をしてきました」と思いを語る。学校の団長であるラインハルト・クレア役の藤田は、本作の見どころを問われると「日本版で新たに設けられた花道や、セットに投影される映像、フェンシングを近くで見るときの迫力……全部見どころなんですけど」と答えつつ、「あるシーンに幼少期のマグナスが出てきますが、(RIKUは)何の違和感もなかった。何であんな演技できんの?(笑) 『この子、たぶん子供だわ!』と思いました」とコメントした。

糸川耀士郎

糸川耀士郎[拡大]

マグナスの親友アベル・ルター役の糸川は「歌う曲数が多いので千秋楽まで(声が)持つかどうかに注目していただけたら」と冗談を飛ばし、「相方のりっくん(RIKU)が純粋にぶつかってきてくれる人だったので、僕もそれに全力で返すだけでした」と稽古を通じて生まれた信頼をのぞかせた。

正木郁

正木郁[拡大]

フェンシング部のエースのフレドリッヒ・カール役の正木は、舞台中央から客席の中心部へ伸びる花道に言及し、「お客様とここまでの至近距離で演劇や殺陣をするのは初めて。特に最後のマグナスとの一戦は、3D以上に飛び出てくるような感覚になるはず。僕らが対戦中に感じているスリルを臨場感たっぷりに伝えられたら」と述べる。これを受けた藤田が「客席との距離が本当に近いので、お客様は最悪自分で身を守っていただいて……」と言うと、「安全第一で行きますよ」と登壇者たちからツッコみを受けた。

吉高志音

吉高志音[拡大]

軍事マニアで武器が大好きなハーゲン・アクスマン役の吉高は、「“好き”の形にもいろいろあるので本番ギリギリまで模索しました」と役作りについて語り、「最初は取っ付きにくい印象があるキャラクターですが、友情が芽生える中でかわいらしい一面も見られるようになるので、さまざまな表情を楽しみにしてほしい」と呼びかけた。

浦川翔平

浦川翔平[拡大]

今回が初ミュージカルとなる浦川は、「ジャスパー・ミュラーは抜けたところがありながらユーモアがあり、喜怒哀楽のはっきりした人物。舞台中ニコニコしているところを観ていただけたら」と説明。「キャストや指導者の皆さんにジャスパーの役を育てていただいたので、共演者の皆さんと共に心に響くような舞台にしていきたい」と思いを述べ、「風呂場でマルシェロンペ(というフェンシングの技)の練習をするのが日課になるほど稽古が日常に溶け込んでいたので、もう初日が来てしまったかという気持ちです」と語った。

藤田玲

藤田玲[拡大]

藤田は「フェンシングの世界的な英雄であるクレアは、完璧主義の冷徹なキャラクターなので本当にやりにくい(笑)」と赤裸々に述べ、「大人の魅力を出しながら、物語の中でも裏側でも子供たちの成長を促すお芝居ができれば。僕は悪い人ではありません」とおちゃめに話した。

太田雄貴

太田雄貴[拡大]

太田は「韓国版を観たときに、僕らからしてもとても難しい技が登場することに驚きました。『この準備期間の短さで皆さんにやりきってもらえるのか』と、一度は引き受けたことを後悔したほど。フェンシング指導チームのメンバーたちと何度も作戦会議を重ね、キャストの皆さんに練習をお願いしました」と裏側を明かす。ゲネプロの出来を聞かれた太田は、間髪いれず「100点です」と言い、キャスト陣は声を上げて喜んだ。RIKUは「殺陣の経験はあるけど、フェンシングは初めて。初めてダンスレッスンをやったときのことを思い出した」、太田は「フェンシングも自己表現の場。剣が重なり合う音やリズムは、その人の心情が反映されるものなので、けっこう細かく言わせていただきました」と稽古を振り返った。

左からRIKU、糸川耀士郎。

左からRIKU、糸川耀士郎。[拡大]

最後に、RIKUが「カンパニー一同スクラムを組んで、ほさかさんを筆頭に破壊と創造を繰り返し、この日本バージョンができあがりました。あとは胸を張って、原作にリスペクトを持って、全員でけがなく大千秋楽まで駆け抜けるのみ。最高の『フィーダシュタント』をお届けし、たくさんの方が『あのとき観れば良かったな』と思ってしまう作品にできたらと思います」と意気込みを述べ、合同取材を締めくくった。

上演時間は休憩を含め約2時間50分で、公演は3月26日まで。

この記事の画像(全27件)

ミュージカル「フィーダシュタント」

2023年3月16日(木)~26日(日)
東京都 ニッショーホール

作・作詞:チョン・ウンビ
作曲:チェ・デミョン
編曲:シン・ウンギョン、チェ・デミョン
日本版演出:ほさかよう
日本語翻訳・訳詞:安田佑子

キャスト

マグナス・ヴォルカー:RIKU(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)
アベル・ルター:糸川耀士郎

フレドリッヒ・カール:正木郁
ハーゲン・アクスマン:吉高志音
ジャスパー・ミュラー:浦川翔平(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)

ラインハルト・クレア:藤田玲

全文を表示
Book & Lyrics by Chung EunBea Music by Choi DaeMyung Music Arrangement by Shin EunKyoung, Choi DaeMyung Directed by Kim TaeHyung Choreography by Lee HyunJung Action Design by Seo ChongJu Original Production by MYSTIC CULTURE

読者の反応

  • 4

tm :) @rmpg_O81O_rk

え、まさかのRIKUくんが自分で29歳って言った感じなの?(笑)

今年29歳になるよ〜ってこと?(笑)

https://t.co/GvfrAcjiQh https://t.co/wwnFslijDi

コメントを読む(4件)

関連記事

糸川耀士郎のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 糸川耀士郎 / 正木郁 / 吉高志音 / 藤田玲 / ほさかよう / THE RAMPAGE の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします