劇団武蔵野ハンバーグの“雪崩式”ナンセンスコメディ「餅に書いたラブレター」

28

劇団武蔵野ハンバーグ 第4回演劇公演「餅に書いたラブレター」が11月19日から21日まで、東京のOFF・OFFシアターで上演される。

劇団武蔵野ハンバーグ 第4回演劇公演「餅に書いたラブレター」チラシ表

劇団武蔵野ハンバーグ 第4回演劇公演「餅に書いたラブレター」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

作・演出を主宰の高橋一八が務める本作は、“どうでもいい話”が展開する“雪崩式”ナンセンスコメディ。高橋は「いつも通りどうでもいい話になりそうなんで、一旦、餅の事忘れていただいて大丈夫です。よろしくお願い致します」と作品についてコメントした。

出演者には松下世界館、森本浩之、なみへい、古川はる、カクイ、ぬ。、北池美和、高橋左右両打席が名を連ねる。

高橋一八コメント

前回の公演では明太子がテーマでしたが、今回は皆様お察しの通り、餅がテーマです。演劇人なら誰しも一度は餅と共演してみたい。あわよくば餅と同じ事務所に入りたい。そう思ってやまないと聞いております。その反面、高校時代、餅の投げ過ぎによりプロ野球の世界を断念した者も数多くいるとも聞いております。このように人は、望むと望まざるにかかわらず餅無き世界を生きることは出来ない。あの時ぼくが、あんこではなくきな粉を選択していれば。勇気を出して、雑煮ではなくしるこを選んでいさえいれば。あの子はきっと、オールラウンド系サークルなんかに入らなかったはず。とかもう、あるあるですよね。このように今公演は、そんなさまよえる魂に捧げる鎮魂歌、的な意味合いはまったくなく、いつも通りどうでもいい話になりそうなんで、一旦、餅の事忘れていただいて大丈夫です。よろしくお願い致します。

この記事の画像(全2件)

劇団武蔵野ハンバーグ 第4回演劇公演「餅に書いたラブレター」

2021年11月19日(金)~21日(日)
東京都 OFF・OFFシアター

作・演出:高橋一八
出演:松下世界館、森本浩之、なみへい、古川はる、カクイ、ぬ。、北池美和、高橋左右両打席

全文を表示

劇団武蔵野ハンバーグのほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団武蔵野ハンバーグ の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします