外波山文明が“今”の課題として向き合う、椿組「戦争童話集」

椿組2021年秋公演「戦争童話集」が10月28日から11月7日まで、東京・雑遊で上演される。

椿組2021年秋公演「戦争童話集」チラシ表

椿組2021年秋公演「戦争童話集」チラシ表

大きなサイズで見る(全3件)

椿組「戦争童話集」より。

椿組「戦争童話集」より。[拡大]

本公演では野坂昭如黒田征太郎と組んで発表した絵本「戦争童話集」の中から数作を、外波山文明の監修で上演。芝居、群読、影絵芝居、映像などを用い、“忘れてはイケナイ物語り”として立ち上げる。

今井夢子が構成・脚本・演出を手がけ、劇中劇の脚本を木下藤次郎田渕正博、外波山文明、井上カオリ、その演出を鳥越勇作、井上、田渕、椿組が担う。出演は田渕、趙徳安、井上、長嶺安奈、岡村多加江、山中淳恵、外波山だ。上演に向け外波山は「この作品の問いかけている問題は『いま』の課題として残された私達が向き合い、考えなければならないテーマでも有る」とコメントした。

外波山文明コメント

「戦争童話集」戦後76年経た今も、沖縄始め日本各地にその爪痕は残り人々の心に刻まれている。がその記憶も失われつつある現在、この作品の問いかけている問題は「いま」の課題として残された私達が向き合い、考えなければならないテーマでも有る。

2021年。コロナ禍の中で、再び人間の原点が問われている。生きる、とは。戦争、とは。平和、とは。生活、とは。仲間、とは。

今回は、野坂作品の中の「アメリカひじき」から俊夫=野坂の思い出の戦争、イメージする戦後と戦中を考える。をテーマに今井夢子が構成演出しお送りする。

コロナ感染対策を万全とすべく、あらゆる対策を講ずる。

この記事の画像(全3件)

椿組2021年秋公演「戦争童話集」

2021年10月28日(木)~11月7日(日)
東京都 雑遊

構成・脚本・演出:今井夢子
劇中劇脚本:木下藤次郎田渕正博外波山文明井上カオリ
劇中劇演出:鳥越勇作、井上カオリ、田渕正博、椿組
出演:田渕正博、趙徳安、井上カオリ、長嶺安奈、岡村多加江、山中淳恵、外波山文明

全文を表示

外波山文明のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 外波山文明 / 椿組 / 田渕正博 / 井上カオリ / 鳥越勇作 / 岡村多加江 / 野坂昭如 / 黒田征太郎 / 木下藤次郎 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします