朗読劇「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」延期公演の日程明らかに

35

朗読劇「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」が、9月2日から5日まで東京・草月ホールで上演される。

朗読劇「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」ビジュアル

朗読劇「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」ビジュアル

大きなサイズで見る(全3件)

READPIAロゴ

READPIAロゴ[拡大]

浅原ナオト原作「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」は、同性愛者であることを隠して日々を過ごす高校生・安藤純と、BL(ボーイズラブ)好きの同級生・三浦紗枝を軸にした青春小説。その朗読劇版となる本作は、KADOKAWAの朗読劇ブランド・READPIAの1作品として今年1月に上演予定だったが、新型コロナウイルスの影響で中止となっていた。脚本・演出は悪い芝居の山崎彬が担当。出演者についての情報は続報を待とう。

なお角川文庫では、原作の続編「彼女が好きなものはホモであって僕ではない 再会」を今秋発売。また実写映画「彼女が好きなものは」が今秋、全国ロードショーされる。

この記事の画像(全3件)

朗読劇「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」

2021年9月2日(木)~5日(日)
東京都 草月ホール

原作:浅原ナオト「彼女が好きなものはホモであって僕ではない」(角川文庫)
イラスト:新井陽次郎
脚本・演出:山崎彬

全文を表示

関連記事

山崎彬のほかの記事

リンク

(c)浅原ナオト/新井陽次郎/角川文庫 2020 (c)朗読劇『彼女が好きなのはホモであって僕ではない』製作委員会

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 山崎彬 / 彼女が好きなものは の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします