マキノノゾミ×宮田慶子「赤シャツ」主演は桐山照史、「ヒール役を思いっきり楽しめたら」

2294

桐山照史ジャニーズWEST)が主演を務める「赤シャツ」が、9月上旬から中旬まで東京・東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)、同月下旬に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

桐山照史(ジャニーズWEST)

桐山照史(ジャニーズWEST)

大きなサイズで見る(全3件)

2001年に初演された「赤シャツ」は、マキノノゾミが夏目漱石の小説「坊っちゃん」から着想を得て書き下ろし、宮田慶子が演出した作品。主人公・坊っちゃんの敵役である赤シャツを主人公に据え、赤シャツの視点から「坊っちゃん」の物語を描いた喜劇だ。

タイトルロールを演じる桐山は「これまで上演されてきた名作、僕なりの引き出しをプラスしてヒール役を思いっきり楽しめたらと思います」と意気込みを語り、桐山と初顔合わせとなる宮田は「初演時から私が愛してやまないこの作品を、桐山照史さんが演じてくださることになり、今からワクワクしています。誤解や行き違いに翻弄される『人間・赤シャツ』を生み出してくださることを楽しみにしています」と期待を寄せた。

宮田慶子コメント

宮田慶子

宮田慶子[拡大]

“赤シャツ”は、ご存じの通り、近代日本文学を代表する夏目漱石の名作「坊っちゃん」に登場する人物です。この舞台でも、あの痛快冒険活劇が展開します。ただし視点を変えて“坊っちゃん”の敵役である“教頭の赤シャツ”の立場からえがいており、誰もが知る物語のかくされた真相がつぎつぎと明らかになるスリリングな舞台です。初演時から私が愛してやまないこの作品を、桐山照史さんが演じてくださることになり、今からワクワクしています。誤解や行き違いに翻弄される「人間・赤シャツ」を生み出してくださることを楽しみにしています。

窮屈な日常に疲れているすべての方にお届けする、笑いながら心に染み入る舞台を作りたいと思います。

桐山照史コメント

舞台がとても好きなので、生でお芝居ができるチャンスをいただけてとても嬉しいです。今回改めて、小説「坊っちゃん」をまず読んで、戯曲を読みました。赤シャツにはこういった面もあったのかなぁと感じられました。「坊っちゃん」を読むと、面白さの倍増する作品だと思います。演出の宮田さんとは、今回初めてですが、すでにご一緒している横山君から、「一から丁寧に教えてくださった」、また高木君からは「厳しいけれど愛のある方」と聞いて、少しホッとしています。厳しい、というところはちょっとドキッとしますが(笑)、これまで上演されてきた名作、僕なりの引き出しをプラスしてヒール役を思いっきり楽しめたらと思います。

※高木の「高」ははしご高が正式表記。

この記事の画像(全3件)

「赤シャツ」

2021年9月上旬~中旬
東京都 東京建物 Brillia HALL(豊島区立芸術文化劇場)

2021年9月下旬
大阪府 森ノ宮ピロティホール

作:マキノノゾミ
演出:宮田慶子
出演:桐山照史ジャニーズWEST

全文を表示

関連記事

桐山照史のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 桐山照史 / ジャニーズWEST / マキノノゾミ / 宮田慶子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします