余華×松本祐子のタッグで「血を売る男」家族の絆と葛藤、愛を描く

29

劇団東演の第159回公演「血を売る男」が5月13日から27日まで、東京・東演パラータで上演される。

劇団東演 第159回公演「血を売る男」チラシ表

劇団東演 第159回公演「血を売る男」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

劇団東演 第159回公演「血を売る男」チラシ裏

劇団東演 第159回公演「血を売る男」チラシ裏[拡大]

舞台は1950年代、中国の貧しい地方都市。「俺は結婚する!」と突然宣言した許三観だったが、相手はおらず、金もない。そんな彼は友人の阿方に「血を売って稼ぐこと」を教えられ、出かけていくのだが……。

「血を売る男」では、余華の原作を、文学座・松本祐子の脚本・演出で送る。余と松本は劇団東演「兄弟」でもタッグを組み、話題を呼んだ。本作では、隠されていた事実が明るみになった家族の、絆と葛藤、愛を描く。出演者には豊泉由樹緒、能登剛、南保大樹、奥山浩、星野真広、原野寛之、清川翔三、小泉隆弘、阿部航平、三代陽輔らが名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

劇団東演 第159回公演「血を売る男」

2021年5月13日(木)~27日(木)
東京都 東演パラータ

原作:余華(「血を売る男」河出書房新社・飯塚容訳より)
脚本・演出:松本祐子

出演:豊泉由樹緒、能登剛、南保大樹、奥山浩、星野真広、原野寛之、清川翔三、小泉隆弘、阿部航平、三代陽輔 / 酒田真弓、岸並万里子、古田美奈子、東さわ子、大川綾香、中花子

全文を表示

劇団東演のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 劇団東演 / 松本祐子 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします