池田テツヒロの脚本で“もう一杯”!「珈琲いかがでしょう」アナザーストーリーがParaviで

751

Paraviオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」の脚本を池田テツヒロが務める。

Paraviオリジナルストーリー「珈琲”もう一杯”いかがでしょう」ビジュアル

Paraviオリジナルストーリー「珈琲”もう一杯”いかがでしょう」ビジュアル

大きなサイズで見る

「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」は、4月5日からテレビ東京系で放送開始されるテレビドラマ「珈琲いかがでしょう」のアナザーストーリーをドラマ放送終了後にParaviで独占配信するもの。「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」では、磯村勇斗扮する、本編ではベールに包まれたぺいを主軸としたアナザーストーリーが展開する。中村倫也扮する主人公・青山や夏帆扮する垣根らも登場する予定だ。

池田は脚本を担当することについて「正直、躊躇しました。だって『珈琲いかがでしょう』が好きすぎるから」と心境を明かし、「『珈琲いかがでしょう』そして、中村倫也、磯村勇斗、夏帆ちゃんファンのひとりとして、夢中で脚本を書き上げました。皆様に喜んでいただけましたら、幸せです」と意気込みを語った。

テレビドラマ「珈琲いかがでしょう」はコナリミサトの同名マンガ(マッグガーデン刊)をドラマ化したもので、店主が一杯一杯、丁寧に心を込めてコーヒーを淹れる移動珈琲屋の様子が描かれる。

池田テツヒロ コメント

「珈琲いかがでしょう」のアナザーストーリーを書かせていただけるお話をいただき、正直、躊躇しました。だって「珈琲いかがでしょう」が好きすぎるから。しかも原作で描かれているムネキュンでムネアツでハラドキな展開の、その前やらその後のオリジナルストーリーを書かせていただけるなんて、光栄を通り越して恐れ多いじゃないですか! だから躊躇したのです。だけどこのお仕事を他の脚本家に任せるのはもっと嫌だったので、恐れ多くもやらせていただくことにしたのです。「珈琲いかがでしょう」そして、中村倫也、磯村勇斗、夏帆ちゃんファンのひとりとして、夢中で脚本を書き上げました。皆様に喜んでいただけましたら、幸せです。

コナリミサト コメント

池田テツヒロさんの脚本の「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」が面白くて毎回新作が届くのを楽しみにしていました。原作の小ネタを補完してくれていたり珈琲豆知識もてんこ盛りです。私も未開拓だった青山や平や垣根達のキャラの掘り下げが出てくるのですが何ひとつ解釈違いがなかったです。このままマンガ化したいと思いました。笑

Paraviオリジナルストーリー「珈琲“もう一杯”いかがでしょう」

原作:コナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデン刊)
脚本:池田テツヒロ
出演:磯村勇斗 ほか

テレビ東京系「珈琲いかがでしょう」

2021年4月5日(月)より毎週月曜23:06~23:55

原作:コナリミサト「珈琲いかがでしょう」(マッグガーデン刊)
監督・脚本:荻上直子
出演:中村倫也夏帆、磯村勇斗 ほか

全文を表示

池田鉄洋のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 池田鉄洋 / コナリミサト / 中村倫也 / 夏帆 / 磯村勇斗 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします