横山拓也「目頭を押さえた」寺十吾演出で上演、主演は筒井あやめ&秋田汐梨

202

パルコ・プロデュース「目頭を押さえた」が6月4日から7月4日まで東京・東京芸術劇場 シアターイースト、7月に大阪・サンケイホールブリーゼで上演される。

パルコ・プロデュース「目頭を押さえた」ビジュアル

パルコ・プロデュース「目頭を押さえた」ビジュアル

大きなサイズで見る

横山拓也作「目頭を押さえた」は、関西圏の山間にある集落を舞台に、写真家としての才能を開花させていく高校3年生の杉山遼と、彼女のいとこであり同級生でもある中谷修子を軸に、家族や教師たちの人間模様を描いた作品。2012年の初演以来、横山が主宰するiakuで繰り返し上演されてきた。

今回演出を担当するのは、パルコ・プロデュースに初登場となる寺十吾。W主演を務める筒井あやめ(乃木坂46)と秋田汐梨に加え、林翔太枝元萌橋爪未萠里、大西由馬、山中崇梶原善が出演する。

遼役の筒井は「どきどきする様な展開を見ている皆さんに感じていただけるよう、精一杯頑張ります」と意気込みを語り、修子役の秋田は「今はとにかく緊張と不安でいっぱいですが、稽古を通して、自信を持って舞台に立てるよう頑張りたいと思います」とコメント。遼と修子の関係に大きく関わる教師役を演じる林は「筒井さんと秋田さんが演じる高校生のキーパーソンとなる役でもあるので、自分の役割をしっかりやり切りたいと思います!」と意欲を見せた。

筒井あやめコメント

杉山遼役を演じさせて頂きます、筒井あやめです。

私は演技経験が少なく、乃木坂46メンバーのいない舞台も初めてのなか、さらにW主演ということで緊張と不安がありますが、共演者の方から刺激をいただきながら沢山の事を学んで、杉山遼としての一瞬一瞬を楽しめたらなと思います。

どきどきする様な展開を見ている皆さんに感じていただけるよう、精一杯頑張ります。よろしくお願い致します。

秋田汐梨コメント

初めての舞台ということで、どんなふうになるのか全く想像ができず、今はとにかく緊張と不安でいっぱいですが、稽古を通して、自信を持って舞台に立てるよう頑張りたいと思います。

今回、筒井あやめさんとは初めてご一緒しますが年下とは思えないほどの落ち着きと雰囲気を持った方で、役のイメージにぴったりだな、と思いました。

私が演じる役は、いつも明るく元気な子ですが、複雑な気持ちを抱く場面もあるので、そんな感情の変化を繊細に表現していきたいなと思います。

林翔太コメント

「目頭を押さえた」に出演が決まった時は、また新しい作品と出会える事の嬉しさで胸がいっぱいでした! そして今回初めて、高校教師の役をやらせて頂きます! 自分がこの役だと知った時は、僕もそういう年齢になったんだなとしみじみしました。筒井さんと秋田さんが演じる高校生のキーパーソンとなる役でもあるので、自分の役割をしっかりやり切りたいと思います! このような時代ではありますが、ぜひ劇場に来て頂けたらと思います。

パルコ・プロデュース「目頭を押さえた」

2021年6月4日(金)~7月4日(日)
東京都 東京芸術劇場 シアターイースト

2021年7月
大阪府 サンケイホールブリーゼ

作:横山拓也
演出:寺十吾
出演:筒井あやめ(乃木坂46)、秋田汐梨 / 林翔太 / 枝元萌橋爪未萠里、大西由馬 / 山中崇梶原善

全文を表示

関連記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 秋田汐梨 / 横山拓也 / 寺十吾 / 林翔太 / 枝元萌 / 橋爪未萠里 / 山中崇 / 梶原善 / 乃木坂46 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします