感染症に覆われた世界で妖怪たちは…飛ぶ劇場「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」幕開け

48

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」が、昨日12月4日に福岡・北九州芸術劇場 小劇場で開幕した。

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。

大きなサイズで見る(全4件)

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。[拡大]

泊篤志が作・演出する本作は、“特殊能力を持つがゆえ遠ざけられてきた存在”である妖怪を軸にした物語。劇中では感染症に覆われた世界を舞台に、新型細菌拡散の嫌疑をかけられた妖怪たちの闘争が描かれる。出演者には桑島寿彦、木村健二、葉山太司、脇内圭介、中川裕可里、角友里絵、佐藤恵美香、徳岡希和が名を連ねた。

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」より。[拡大]

泊は初日を観劇した観客から「ラスト、何があっても私たちは幕を上げて世を撃つのだ、という劇団の犯行声明のように感じられた」という感想を受け取ったと明かし、「今、世界が第3波に飲み込まれつつある中、この舞台を投下できた事を誇りに思います」と胸の内を語っている。

上演時間は1時間45分。公演は12月6日まで行われたあと、1月30・31日に福岡・久留米シティプラザ Cボックスでも上演される。なお本日5日18:00開演回の終演後には、久留米大学附設高校演劇部の顧問・岡崎賢一郎と泊により、“コロナ禍で生まれた演劇”にまつわるアフタートークが行われる。

泊篤志コメント

もしかしたらあけないかも?と思っていた初日が無事あけました。コロナ禍にあって、感染症のことばかり考える数カ月を経て、今から10年後、次の感染症に覆われた物語が生まれました。初日を観てくださった方から「ラスト、何があっても私たちは幕を上げて世を撃つのだ、という劇団の犯行声明のように感じられた」という感想を頂いて、ああそうだったんだなと自分で知ることとなりました。今、世界が第3波に飲み込まれつつある中、この舞台を投下できた事を誇りに思います。

この記事の画像(全4件)

飛ぶ劇場Vol.42「ガギグゲゲ妖怪倍々禁」

2020年12月4日(金)~6日(日)
福岡県 北九州芸術劇場 小劇場

2021年1月30日(土)・31日(日)
福岡県 久留米シティプラザ Cボックス

作・演出:泊篤志
出演:桑島寿彦、木村健二、葉山太司、脇内圭介、中川裕可里、角友里絵、佐藤恵美香、徳岡希和

※徳岡希和の「徳」は旧字体が正式表記。

全文を表示

関連記事

飛ぶ劇場のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 飛ぶ劇場 / 泊篤志 / 脇内圭介 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします