私たちはまた踊り出す、藤間爽子・松本白鸚らが“祈り”踊る映像作品を配信

92

「地水火風空 そして、踊」が来年1月2日12:00から、PIA LIVE STREAMで配信される。

「地水火風空 そして、踊」より。

「地水火風空 そして、踊」より。

大きなサイズで見る(全13件)

「地水火風空 そして、踊」ビジュアル

「地水火風空 そして、踊」ビジュアル[拡大]

「地水火風空 そして、踊」は日本舞踊協会による日本舞踊映像作品。尾上菊之丞が作・演出を、花柳昌太朗と花柳大日翠が振付を、藤舎貴生が音楽を担い、“祈り”に焦点を当てた、踊り・音楽・豊かな自然が織りなす映像が展開する。

「地水火風空 そして、踊」より。

「地水火風空 そして、踊」より。[拡大]

本作は“日本舞踊Neo”という、劇場空間外で日本舞踊の魅力を発信していく企画で、東京・乃木神社、高知の仁淀川、現代美術作家・杉本博司が設立した神奈川・江之浦測候所で撮影された。映像には雨乞いの乙女・天女役の藤間爽子をはじめ19名の日本舞踊家が出演。日本舞踊松本流の前家元である松本白鸚が祭司として登場する点にも注目したい。

菊之丞は「踊りの原点ともいえる祈りと願いを、映像芸術として観客の皆さまに届けることに挑戦しました」と言い、「踏みしめる足は大地を鎮め、祈りの跳躍は炎を揺らす、突き上げる手は風を呼び込み、流れる水に清められた乙女は、天女となって空高く舞い上がる。そして、私たちはまた踊りだします」と作品への思いを語った。配信は1月15日23:59まで。

尾上菊之丞コメント

「私たち日本舞踊家にとって、五大や五輪と言われる五つの要素、地・水・火・風・空の他にもう一つ、『踊』 という要素が生きていくために必要である。」

これこそが作品タイトル「地水火風空 そして、踊」に込めた思いです。日本の踊りは古来より五穀豊穣や子孫繁栄、病気平癒といった人々の祈りと願いを、人間の身体を通して表現し神仏に捧げたものです。踊りの原点ともいえる祈りと願いを、映像芸術として観客の皆さまに届けることに挑戦しました。踏みしめる足は大地を鎮め、祈りの跳躍は炎を揺らす、突き上げる手は風を呼び込み、流れる水に清められた乙女は、天女となって空高く舞い上がる。そして、私たちはまた踊りだします。

この記事の画像(全13件)

「地水火風空 そして、踊」配信

2021年1月2日(土)12:00~15日(金)23:59

作・演出:尾上菊之丞
振付:花柳昌太朗、花柳大日翠
音楽:藤舎貴生

出演

雨乞いの乙女・天女:藤間爽子
神官:市山松扇、花柳寿楽、若柳吉蔵
僧:猿若清三郎、西川大樹、花柳寿美藏、若柳里次朗
雨乞いの乙女たち:花柳喜衛文華、花柳笹公、花柳秀衛、坂東はつ花、藤間眞白、藤間蘭翔
田植え踊りの男たち:花柳輔蔵、花柳昌鳳生、藤間豊彦、藤間涼太朗

祭司:松本白鸚

全文を表示

尾上菊之丞のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 尾上菊之丞 / 藤間爽子 / 松本白鸚 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします