ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

舞台「左ききのエレン」に吉田翔吾・棚橋佑実子ら、原作者かっぴー登壇のトークも

128

4月に上演される舞台「左ききのエレン~横浜のバスキア篇~」に吉田翔吾、棚橋佑実子らが出演する。

本作は、かっぴー原作によるマンガ「左ききのエレン」の舞台化作品。劇中では、大手広告代理店を舞台にした群像劇が展開する。キャストには朝倉光一役の吉田、山岸エレン役の棚橋のほか、神谷雄介役の久下恭平、加藤さゆり役の舞川みやこ、三橋由利奈役の西葉瑞希、岸あかり役の立野沙紀、岸あやの役の真島なおみらが名を連ねた。

舞台版の脚本をSUGARBOYの川尻恵太、演出・プロデュースをベニバラ兎団のIZAMANIAXが担当。公演は4月1日から5日まで東京・DDD AOYAMA CROSS THEATERにて。なお4月2日19:00開演回のアフタートークにはかっぴー、IZAMANIAX、吉田、棚橋が、3日19:00開演回のアフタートークには久下、舞川、西葉、立野、真島が登壇する。

舞台「左ききのエレン~横浜のバスキア篇~」

2020年4月1日(水)~5日(日)
東京都 DDD AOYAMA CROSS THEATER

原作:かっぴー
脚本:川尻恵太
演出・プロデュース:IZAMANIAX
出演:吉田翔吾、棚橋佑実子 / 久下恭平舞川みやこ、西葉瑞希 / 立野沙紀、真島なおみ / 大見洋太 / 日比博朋、新川悠帆、青野楓花、井上翔谷茜子 /白石大祐 / 八鍬乃々、飯田南織 / 大塚杏奈、高橋孝衣、榎本愛子

※2020年3月30日追記:本公演は新型コロナウイルスの影響で延期になりました。

ステージナタリーをフォロー