ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

土屋亮一・鳥山フキら、テレ東VTuberドラマで脚本担当

62

バーチャルYouTuberドラマ「四月一日さん家と」メインビジュアル

バーチャルYouTuberドラマ「四月一日さん家と」メインビジュアル

4月からテレビ東京ほかで放送されるバーチャルYouTuberドラマ「四月一日さん家と」の脚本を、かもめんたるの岩崎う大、シベリア少女鉄道の土屋亮一、ワワフラミンゴの鳥山フキ、さらば青春の光の森田哲矢らが担当することが発表された。

「四月一日さん家と」は、昨年放送されたバーチャルYouTuberドラマ「四月一日さん家の」の第2期作品。作中では、門前仲町で暮らす四月一日(わたぬき)一家を描いた、ほのぼの日常系シチュエーションコメディが展開する。

第1期に続き、酒井健作が企画・構成を担当。う大、土屋、鳥山、森田に加え、熊本浩武、竹村武司、堀雅人が脚本を手がけるほか、伊賀大介がスタイリストとして参加する。

(c)「四月一日さん家と」製作委員会

ステージナタリーをフォロー