日英共同制作の“家族劇”「野兎たち」開幕、西川信廣「人々の心浮き彫りに」

197

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」が、本日2月8日に東京・新国立劇場 小劇場で開幕した。

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

大きなサイズで見る(全8件)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

これは、衛紀生が館長兼劇場総監督を務める岐阜・可児市文化創造センターと、イギリスの劇場リーズ・プレイハウスによる共同制作作品。ウェールズ出身の劇作家ブラッド・バーチが、日本各地を取材して書き下ろした新作「野兎たち」を、リーズ・プレイハウスのアソシエイトアーティストであるマーク・ローゼンブラットと、文学座・西川信廣の共同演出で立ち上げる。

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

舞台は可児市に住む中村家。ある日ロンドンで暮らす娘の早紀子が、婚約者のダンとその母・リンダを連れて帰って来る。しかし早紀子は様変わりした自室や居留守を決め込む父に不信感を募らせ……。

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」より。(撮影:石川純)

西川は「現代社会に生きる人々の心を浮き彫りにする家族劇です。是非観に来てください」と観客にメッセージを送っている。公演は2月16日まで新国立劇場 小劇場、22日から29日まで可児市文化創造センター 小劇場、3月12日から21日までイギリスのリーズ・プレイハウスにて。

西川信廣

先月12月から英国のリーズで稽古を始めて、共同演出のマーク・ローゼンブラットと一緒に、お互いにあるものを出し合い、無いものを補い合うことを繰り返して創作してきました。本日いよいよその作品の幕が上がります。現代社会に生きる人々の心を浮き彫りにする家族劇です。是非観に来てください。

この記事の画像(全8件)

可児市文化創造センター×リーズ・プレイハウス 日英共同制作公演「野兎たち」

2020年2月8日(土)~16日(日)
東京都 新国立劇場 小劇場

2020年2月22日(土)~29日(土)
岐阜県 可児市文化創造センター 小劇場

2020年3月12日(木)~21日(土)
イギリス リーズ・プレイハウス

作:ブラッド・バーチ
翻訳:常田景子
演出:マーク・ローゼンブラット、西川信廣
出演:スーザン・もも子・ヒングリー、小田豊七瀬なつみ、サイモン・ダーウェン、アイシャ・ベニソン、永川友里、田中宏樹

関連記事

リンク