「カラマーゾフの兄弟」題材にした韓国発ミュージカル、日本版に吉野圭吾ら

634

ミュージカル「Dramatico-musical BLUE RAIN」が、7月に東京と大阪で上演される。

「Dramatico-musical BLUE RAIN」ビジュアル

「Dramatico-musical BLUE RAIN」ビジュアル

大きなサイズで見る

本作はミュージカル「SMOKE」を手がけたチュ・ジョンファが作・演出、ホ・スヒョンが音楽を手がけた韓国のミュージカル。日本版となる今回は荻田浩一が脚本・演出を務め、出演者には吉野圭吾水夏希佐賀龍彦(LE VELVETS)、東山光明木内健人池田有希子今井清隆が名を連ねた。

劇中ではドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」をモチーフとしたストーリーが展開。1997年のユタで、強欲な富豪ジョン・ルキペールが殺害される。父と反発して12年間家に戻っていなかった長男テオは、殺人の疑いをかけられた。弁護士となった次男ルークはこの事件の真相を追うが、テオに不利な証拠ばかり見つけてしまい……。

公演は7月2日から12日まで東京・博品館劇場、22日に大阪の梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティにて。チケットの一般販売は3月21日にスタートする。

「Dramatico-musical BLUE RAIN」

2020年7月2日(木)~12日(日)
東京都 博品館劇場

2020年7月22日(水)
大阪府 梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

ORIGINAL PRODUCTION BY C101
音楽:SOO HYUN HUH
脚本:JUNG HWA CHOO
脚本・演出:荻田浩一
音楽監督:河谷萌奈美
出演:吉野圭吾水夏希佐賀龍彦(LE VELVETS)、東山光明木内健人池田有希子今井清隆

※佐賀龍彦と東山光明はWキャスト。

全文を表示

関連記事

吉野圭吾のほかの記事

リンク

関連商品

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 吉野圭吾 / 水夏希 / 佐賀龍彦 / 東山光明 / 木内健人 / 池田有希子 / 今井清隆 / 荻田浩一 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします