ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

“受け入れ”“乗り越える”こと描く、小田尚稔の演劇「是でいいのだ」4度目の上演

22

小田尚稔の演劇「『是でいいのだ』 “Es ist gut”」が、3月11日から15日まで東京・SCOOLで上演される。

脚本・演出を小田尚稔が手がける「是でいいのだ」は、2016年の初演から繰り返し上演されてきた演目。イマヌエル・カント「道徳形而上学の基礎づけ」、V・E・フランクル「それでも人生にイエスと言う」の2冊を題材にした本作では、新宿のマクドナルドで被災し、国分寺の自宅まで徒歩で帰宅しようとする女の物語が描かれる。出演者には、小川葉、加賀田玲、澤田千尋、橋本清濱野ゆき子が名を連ねた。

小田は「本作では、2011年3月の東京での出来事と、カントやフランクルの思索との接続が狙いでもあります。登場人物を通して語られる震災直後の東京の風景。そして、このような逆境や、自分の人生の境遇や環境を受け入れて、少しでも前に進んで乗り越えることをこの物語で描いています。『是でいいのだ』の公演も今回で4度目です。今回も素敵な出演者、スタッフの方々に恵まれました。ご観劇頂いたお客様の心のなかにいつまでも残り続けるような、いい上演になるように努めます」とチラシ裏に思いを綴っている。

小田尚稔の演劇「『是でいいのだ』 “Es ist gut”」

2020年3月11日(水)~15日(日)
東京都 SCOOL

脚本・演出:小田尚稔
出演:小川葉、加賀田玲、澤田千尋、橋本清濱野ゆき子

ステージナタリーをフォロー