ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

波田野淳紘×中山朋文、OKAMI企画がシェイクスピア「シンベリン」に挑む

50

OKAMI the 15th「欣喜雀躍新春公演『シンベリン』」が1月18・19日に神奈川・神奈川県立青少年センター スタジオHIKARIで上演される。

神奈川を拠点に活動するOKAMI企画は、真坂雅がプロデュースを手がける演劇ユニット。今回はウィリアム・シェイクスピアの戯曲「シンベリン」を劇団820製作所の波田野淳紘による脚色、theater 045 syndicateの中山朋文による演出で立ち上げる。チラシ裏には「シェイクスピア後期の怪作 令和ヨコハマに甦る!!」とキャッチコピーが記された。

なお本公演は若い才能の発掘と育成を目指す企画「マグカルシアター」参加作品にラインナップされている。

OKAMI the 15th「欣喜雀躍新春公演『シンベリン』」

2020年1月18日(土)・19日(日)
神奈川県 神奈川県立青少年センター スタジオHIKARI

作:ウィリアム・シェイクスピア
脚色:波田野淳紘
演出:中山朋文
出演(五十音順):今井勝法、小林麻子、佐々木光輝、佐々木覚、佐々木咲弥、清水凱、生野和人、禿恵、中山朋文、真坂雅、御法川わちこ、山中博志、山中りさ子

ステージナタリーをフォロー