ステージナタリー - 演劇・ダンス・ミュージカルのニュースを毎日配信

高野洸ら出演、朗読劇「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」再演が開幕

317

朗読劇「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」より。

朗読劇「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」より。

朗読劇「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」が、昨日12月10日に東京・品川プリンスホテル クラブeXで開幕した。

今年2月から3月にかけても上演された本作は、鈴乃音が脚本・演出を手がける朗読劇。今回の再演には、初演にも出演した高野洸眞嶋秀斗松村優、近藤廉、遠藤史也しゅはまはるみが続投する。

昨日実施された舞台挨拶には、キャストたちが登壇。眞嶋と回替わりでアキト役、ハルヒ役を務める高野は「新しいことにチャレンジしながら、前回僕らが感じた村の世界観、日常の小さな幸せへの気付きなど、『僕魔法』の素敵な世界観を伝えていけたら。1回1回を大事に演じますので、今回も応援よろしくお願いします」と話す。同じく高野と回替わりでアキト役、ハルヒ役を演じる眞嶋は初演で感じた作品の印象を「繊細で、子どもから大人まで共感してもらえる心温まる作品」と振り返り、「クリスマスも近いので、皆さんに温まっていただける物語をお届けしたい」と抱負を述べた。

松村は再演への感謝を口にしつつ「パワーアップした『僕魔法』を皆さんにお見せしたい」、近藤は「再度足を運んでくださるお客様もたくさんいらっしゃるので、僕自身パワーアップしたい」とそれぞれ意気込みを語る。「ぜひ期待して」と呼びかける遠藤は、「僕たち自身も人として成長しているので、演じ方が変わってくると思う」とコメントし、しゅはまは「衣装や舞台セットなどが前回と少し違います。音楽も生演奏で日々異なる点があると思うので、ぜひ楽しんで」とメッセージを送った。

舞台は森の奥にある小さな村。村の男の子たちは一定の年齢に達すると、村一番の年寄りから「この村で生まれた男の子は、20歳になるまでの間、人生で一度だけ魔法を使うことが出来る」と伝えられる。彼らは、どんなことに魔法を使おうかと考え……。公演は12月15日まで。

朗読劇「僕らは人生で一回だけ魔法が使える」

2019年12月10日(火)~15日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

脚本・演出:鈴乃音
出演:高野洸 / 眞嶋秀斗松村優、近藤廉、遠藤史也 / しゅはまはるみ

ステージナタリーをフォロー