ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

ピーピング・トムの“家族三部作”、第2弾「マザー」来日公演

79

ピーピング・トム「マザー」過去公演より。(c)HermanSorgeloos

ピーピング・トム「マザー」過去公演より。(c)HermanSorgeloos

ピーピング・トム「マザー」が、2020年3月19日から21日まで東京・世田谷パブリックシアターで上演される。

本作は、ベルギーのダンスカンパニー、ピーピング・トムの新作。2017年に同劇場で上演された「ファーザー」に連なる「家族三部作」の第2弾となっており、第3弾には「チャイルド」が控える。惜しまれつつ亡くなった母の葬儀が行われる町はずれの古い建物。白壁の無機質な空間には、古めかしい絵画がかけられていて……。

東京公演のチケットの一般販売は12月22日にスタート。なお3月14日には高知・高知県立美術館にてツアー公演が行われる。

ピーピング・トム「マザー」

2020年3月14日(土)
高知県 高知県立美術館

2020年3月19日(木)~21日(土)
東京都 世田谷パブリックシアター

構成・演出:ガブリエラ・カリーソ
ドラマトゥルク・演出補佐:フランク・シャルティエ
出演:ユルディケ・デ・ブール、シャルロット・クラメンス、マリー・ジーゼルブレヒト、フンモク・チョン、ブランドン・ラガール、イーチュン・リュー、シモン・ヴェルスネル、マリア・カラリナ・ヴィエイラ ほか

ステージナタリーをフォロー