刈馬演劇設計社、獄中結婚を題材にした二人芝居「異邦人の庭」

15

刈馬演劇設計社「異邦人の庭」が11月15日から17日まで愛知・G/PITで上演される。

名古屋市民芸術祭2019参加作品 刈馬演劇設計社PLAN-14「異邦人の庭」チラシ表

名古屋市民芸術祭2019参加作品 刈馬演劇設計社PLAN-14「異邦人の庭」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

刈馬カオスが作・演出を手がける本作は、獄中結婚を題材にした二人芝居。音響効果を用いない今作は、2脚の椅子と机という、ごくわずかな舞台装置で上演される。出演者には岡本理沙、劇団ハタチ族の西藤将人が名を連ねた。

なお本作は「名古屋市民芸術祭2019」の参加作品にラインナップされている。

この記事の画像(全2件)

名古屋市民芸術祭2019参加作品 刈馬演劇設計社PLAN-14「異邦人の庭」

2019年11月15日(金)~17日(日)
愛知県 G/PIT

作・演出:刈馬カオス
出演:岡本理沙、西藤将人

全文を表示

刈馬演劇設計社のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 刈馬演劇設計社 / 刈馬カオス の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします