京都の白図の上で繰り広げられる不条理劇、ナントカ世代「のけもの」

40

ナントカ世代「のけもの」が、11月2・3日まで京都・THEATRE E9 KYOTOで上演される。

ナントカ世代「のけもの」チラシ表

ナントカ世代「のけもの」チラシ表

大きなサイズで見る(全2件)

「のけもの」は、6月にオープンしたTHEATRE E9 KYOTOのオープニングプログラムの1つ。これまでもさまざまな原作を現代劇として再構築してきた北島淳が、今回はフランスの作家エマニュエル・ボーヴの小説「のけ者」に挑戦。同作の舞台を京都に移し、舞台上に京都市域の都市計画地図・白図を広げて、借金を重ねる自堕落な母子の物語を描き出す。

出演者には延命聡子、金田一央紀、勝二繁、土肥希理子、永榮紘実、松野香澄、真野絵里、御厨亮が名を連ねた。

この記事の画像(全2件)

ナントカ世代「のけもの」

2019年11月2日(土)・3日(日・祝)
京都府 THEATRE E9 KYOTO

原作:エマニュエル・ボーヴ
脚本・演出:北島淳
出演:延命聡子、金田一央紀、勝二繁、土肥希理子、永榮紘実、松野香澄、真野絵里、御厨亮

全文を表示

関連記事

ナントカ世代のほかの記事

リンク

このページは株式会社ナターシャのステージナタリー編集部が作成・配信しています。 ナントカ世代 の最新情報はリンク先をご覧ください。

ステージナタリーでは演劇・ダンス・ミュージカルなどの舞台芸術のニュースを毎日配信!上演情報や公演レポート、記者会見など舞台に関する幅広い情報をお届けします