ステージナタリー - 舞台・演劇の最新ニュースを毎日配信

市川海老蔵が“初”演出に挑む「ABKAI 2019」白旗を命がけで守る人々に焦点当てる

451

「市川海老蔵  第五回自主公演 ABKAI 2019~第一章 FINAL~『SANEMORI』」製作発表会見より、市川海老蔵。

「市川海老蔵 第五回自主公演 ABKAI 2019~第一章 FINAL~『SANEMORI』」製作発表会見より、市川海老蔵。

市川海老蔵 第五回自主公演 ABKAI 2019~第一章 FINAL~『SANEMORI』」の製作発表会見が、本日9月3日に東京都内で行われた。

市川海老蔵が2013年に立ち上げた「ABKAI」は、“伝統の継承”と“新時代の歌舞伎の創造”をテーマにした自主公演。上演演目に選ばれたのは、「源平布引滝」より「実盛物語」をモチーフにした「SANEMORI」だ。本公演には、歌舞伎界から中村児太郎中村梅花大谷廣松市川九團次、そして市川右團次が参加するほか、滝沢秀明から「滝沢歌舞伎」を引き継いだSnow Man / ジャニーズJr.の宮舘涼太阿部亮平が出演する。

来年に十三代目市川團十郎白猿の襲名を控えているため、海老蔵としての「ABKAI」は今回が最後。しかし海老蔵は継続を示唆しつつ、「海老蔵だから“ABKAI”と思われてるかもしれませんけど、僕はAB型だから“AB型の会”ということに変えようと思っていて(笑)。ちなみに倅(堀越勸玄)もAB型なので、なお変わらずにやっていければなと……まあ冗談です」と発言し、会場の笑いを誘った。

またSnow Manの宮舘、阿部との初共演については「歌舞伎の所作は難しいこともあるかもしれませんが、むしろジャニーズである彼らの立ち廻りや動きから、我々が学ぶべきことがたくさんあると思っています」とコメント。さらに「Snow Manのお二方には、得意なことを生かして活躍していただきたい」と期待を寄せた。

源氏と平氏で奪い合われる白旗を通して、平安末期の武将・斉藤実盛の生き様を描く本作について、海老蔵は「実盛はこれまで何百回も演じてきました」と思い入れを述べつつ、「源平の戦いにおける“白旗”という存在の重みは、多くの現代人にとってはなかなかわかりにくいのではないかと思っています。なので今回は、白旗を命がけで守っていく人々の姿やドラマに焦点を当て、この古典作品をわかりやすく伝えていきたい」と言葉に力を込めた。

囲み取材では、海老蔵が今回、自身の俳名である團栗(どんぐり)の名前で演出も手がけることを発表。「ちゃんと名前を出して演出するのは今回が初めてなので、『ABKAI』の第1章ファイナルとしても、大きな意味が生まれるのではないでしょうか。役者以外のプレッシャーもございますが、勉強できれば」と真摯に語った。公演は11月5日から25日まで、東京・Bunkamura シアターコクーンにて。チケットの販売は9月8日10:00にスタート。

「市川海老蔵 第五回自主公演 ABKAI 2019~第一章 FINAL~『SANEMORI』」

2019年11月5日(火)~25日(月)
東京都 Bunkamura シアターコクーン

出演:市川海老蔵 / 中村児太郎中村梅花 / 宮舘涼太(Snow Man / ジャニーズJr.)、阿部亮平(Snow Man / ジャニーズJr.) / 大谷廣松市川九團次 / 市川右團次

ステージナタリーをフォロー